PLUS1WORLD

U-NEXT(ユーネクスト)

転職・求人

発達障害者の転職活動の参考になりそうな情報のまとめ

1 2

発達障害者の就職・転職活動成功例など

発達障害者がすんなりと就職することは難しいです。また就職後の職場環境が合わない場合も当然あります。何度か転職を繰り返して自分に最適な場所を見つける人もいます。参考にしてみましょう。

ADHDを抱えながらも大企業から内定を貰った学生の就活体験談

発達障害で躁うつ病の26歳が、転職の末に「自分の仕事」を見つけるまで | bizSPA!フレッシュ

転職4回で年収2倍の精神障害&発達障害者による就職・転職成功の方程式(前編) – 発達障害の「生き方」研究所 | Hライフラボ

発達障害で6社も転職した38歳、最終的に行き着いた働き方とは? | 日刊SPA!

発達障害者向け就職関連情報

発達障害を抱える人が知っておくと役立つ情報をまとめています。

発達障害などの方が力を発揮しやすい業務 – マイナーリーグ

「ASDのある方向け就職活動テクニック(面接編)」|働くチカラWEB

仕事がうまくいっているASD(旧アスペルガー症候群)のある方の特徴とは|働くチカラWEB

アスペルガー症候群の問題。就職を成功させるために知らなければならないこと | WORLD COMPASS

発達障害グレーゾーンの当事者が語る、適職の見つけ方/俵谷龍佑 | スタディウォーカー

会社に就職しないという選択肢

漫画家やイラストレーター、プログラマーなど会社に就職せずフリーランス(自由業)として生活するという選択肢もあります。能力がある人は検討してみてはいかがでしょうか。

【発達障害】転職を繰り返したADHDの私がフリーランスになった、たった一つの理由|【ゆるたぬ】

発達障害の僕が、月収45万円を稼ぐフリーランスになれた理由 | THE LANCER(ザ・ランサー)

28歳で発達障害だと気づいた絵本作家の苦悩「あだ名はロボットでした」 (2019年1月27日) – エキサイトニュース

実は発達障害だった?ADHDの特性を活かしていた国民的漫画家2人 – ライブドアニュース

発達障害者が抱える問題は千差万別

以上が、大人の発達障害者が就職・転職活動する上で役に立ちそうな情報のまとめです。面白そうな情報があれば順次追加します。

発達障害者の全てが自分の特技があったり得意分野を見つけられているわけではありません。他人の成功例やノウハウが自分に当てはまらない可能性も十分にあります。

やはり自分の境遇とよく似た人のノウハウが一番役立つと思うので、今回のまとめが役に立ちそうにない場合は、自己分析をし、似たような問題を抱えていた人が記事を書いていないか検索エンジンで探してみるのが良いでしょう。

1 2