PLUS1WORLD

ディズニーが実写映画を引っさげてコミケ参戦へ

disney-comiket-0002

ちょっとしたニュースです。

アニメーション作品や映画、テーマパーク運営で有名なあのディズニーが、コミックマーケット85 に企業ブースで参加することになりました。

12月29日から31日にかけて東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット85」の企業ブースに、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが初出展することが25日、わかった。世界に冠たるディズニーといえども、現代日本のサブカルチャー市場を無視できない。しかも、同社の代名詞ともいえるアニメーション作品ではなく、同社が配給する実写映画『エンダーのゲーム』(2014年1月18日公開)を引っさげての参戦となる。
―― 世界のディズニーがコミケに初参戦 (エイサ・バターフィールド) ニュース-ORICON STYLE- より

今年のコミケは凄いことになりそうですね。

広告

『エンダーのゲーム』とは何か?

ディズニーが企業ブースで集客、宣伝を実施するのは、2014年1月18日公開予定の実写映画「エンダーのゲーム」とのこと。

エンダーのゲームは宇宙を舞台にした壮大なSF作品です。

同映画は、1977年にアメリカの作家オースン・スコット・カードによって執筆され、本国アメリカの二大SF賞であるヒューゴー賞/ネビュラ賞の両賞を獲得したSF小説が原作。その深淵な世界観やキャスティングの困難さ、そしてスケールの大きさから、長年にわたり映像化不可能と言われ続けてきたが、21世紀も10年が過ぎて初めて実写映画化が実現した。

宇宙戦争を“終わらせる使命”を背負って生まれた少年戦士エンダーが、挫折、葛藤しながらも戦い続け、成長する物語。日本では1987年に、原作小説の翻訳本が刊行されて以降、近年の日本のアニメ、漫画、小説、そしてゲームなどにも、多大なインスピレーションを与えてきたといわれる。

―― 世界のディズニーがコミケに初参戦 (エイサ・バターフィールド) ニュース-ORICON STYLE- より

予告編を見たところ、面白そうな映画ではありました。

ディズニーなので、アニメーションで参加してほしいところですが、それは今後のお楽しみというところでしょうか。

こういった大きなところが、コミックマーケットに参加すると盛り上がりそうですね。これから先、ピクサーやジブリなどが入ってくれば更に盛り上がれそうです。

個人的にはディズニーは「ファイアーボール」とかで参戦して欲しかったですねぇ。