PLUS1WORLD

Facebook乗っ取りの確認法と予防法、乗っ取られた時の対処方法

1 2

Facebookアカウント乗っ取りの予防方法

不正なアクセスがないかお知らせで確認する

セキュリティ設定の画面「ログインアラート」を設定しておけば、今まで使ったことがない端末からFacebookにログインがあった時に指定したメールアドレスにログインアラートメールを送ることが出来ます。

ログインアラートをあらかじめ設定しておけば、Facebookアカウントに不正アクセスがあった時にいち早くチェックできます。

パスワードを使いまわさない

Facebook以外のウェブサービスでFacebookと同じパスワードを使用している場合は注意が必要です。

Facebookと同じパスワードを使用しているサービスが個人情報漏洩などを起こせば、その個人情報(メール、パスワード)を利用してFacebookに不正ログインされる可能性があります。

最近では米ヤフーが10億人分の個人情報流出しており、大企業のサービスと言えど安心はできません。

Facebookのパスワードは他サービスと同じものを設定しないようにしましょう。Facebookのパスワードはこちらのページから変更できます。

Facebookを2段階認証にする

Facebookアカウントをあらかじめ2段階認証にしておけば、万が一パスワードが漏れてしまっても、不正ログインによるアカウントの乗っ取りを防ぐことができます。

2段階認証はこちらのページから設定できます。Facebookの2段階認証についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

乗っ取られてしまった時の対処方法

もし、もう既にFacebookのアカウントを乗っ取られてしまったようなら、乗っ取り予防策は意味がありません。

Facebookのアカウントを取り戻すために、Facebookに不正ログインされたことを報告しましょう。

こちらのページから不正使用されたアカウントを報告出来ます。

アカウントの利用を再開するための手続きを始めましょう。

Facebookの乗っ取りをあらかじめ防ぐ

以上が、Facebookアカウント乗っ取りの確認法と予防法、乗っ取られた時の対処方法の簡単なまとめです。

Facebookのアカウントの乗っ取りは、様々な手法が用いられています。知人になりすますソーシャルハッキングも、その手法のうちの1つです。「なりすましアカウント」を友達として承認するのは大変危険です。

Facebookを利用していて、何かおかしいなと感じたら、すぐにFacebookアカウントの乗っ取りやFacebookアカウントの不正利用を疑いましょう。

ソーシャル・ネットワーク (字幕版)

1 2