PLUS1WORLD

Facebookカバー写真作成iPhoneアプリ「Facebook Cover Maker Lite」

facebook-cover-maker-lite-0051

皆さん、こんにちは。今井阿見です。Facebook使ってますか? Facebookの仕様が変わりカバー写真がプロフィールで大きく表示されるようになりました。

Facebookのあなたのカバー写真や、Facebookページのカバー写真は用意できましたか?

新Facebookページタイムライン用のカバー写真の作成にも使える iPhoneアプリを発見したので今回紹介します。

広告

Facebook Cover Maker Lite

Facebook Cover Maker Lite – ITNET.inc

iPhoneで撮影した写真からFacebookのカバー写真を作ることが出来るアプリです。

App Storeからアプリケーションは無料でダウンロード出来ます。

facebook-cover-maker-lite-0005

アプリを起動するとまずこの画面が出てきます。

まずは、左下のカメラボタンを押しましょう。

facebook-cover-maker-lite-0007

既に撮影済みの写真か、これからカメラで写真を撮ってそれをカバーにするかを選びます。

カメラを選ぶと、写真撮影画面に移動します。

今回はこのアプリで写真を撮ってカバーにしてみます。

facebook-cover-maker-lite-0009

カメラモードです。カメラボタンを押すと写真が撮影されます。(場所は近所の空き地です)

空き地を撮っても見栄えが良くないので空を撮ることにしました。

facebook-cover-maker-lite-0016

撮影後は、撮った写真(空)が表示されます。

撮影した写真を拡大縮小したり、位置をずらしたりすることが出来ます。納得いく見た目になったら右にあるチェックボタンを押します。

facebook-cover-maker-lite-0019

カバーに使う写真が決まりました。

カメラの横にある、スタンプボタン、テキストボタン、フレーム&効果ボタンでカバーの加工ができます。

右の保存・クリアボタンから、保存を選べば編集中の画像がカバー写真としてiPhoneに保存されます。

操作がわからないときは、一番左の「?」を押すことで説明用の動画を見ることができます。

facebook-cover-maker-lite-0021

保存された写真その1

facebook-cover-maker-lite-0022

保存された写真その2

カバー写真はFacebookタイムラインのカバー写真サイズの比率と同じ(横1702px 縦630px)で保存されます。

カバー写真作成時にプロフィール写真も同時に作成されるのがこのアプリのポイントです。

カバー写真保存時に右下にURLが入ってしまうのが少し玉に瑕です。(ぼかしを入れれば分からなくなると思いますが)

手軽にFacebook用のカバー写真を撮るには良いアプリだと思います。