PLUS1WORLD

Google+ の検索結果に自分のプロフィールを最適化する方法

google-profile-technic-0005

Google+ の検索では、検索結果の画面から「ユーザーとページ」を選択することでそれらの単語をプロフィールに含むアカウントを見つけることができます。

検索した単語から、それに一致した人を探すことが出来るので、趣味や興味分野の同じ人を見つけることができる、とても便利な機能です。

ですが、検索結果画面に表示される各プロフィールはそれぞれ狭い範囲に省略して表示されており、プロフィールが全て表示されているわけではありません。

この狭いユーザ情報欄でいかにアピールするか考えてみました。

広告

Google+の検索結果では何が表示されるのか

検索結果画面で表示されているのは「プロフィール写真」「名前」「住所、又は職業」「自己紹介文」です。

「プロフィール写真」は皆さん最良のものを選んでいると思いますし、「名前」「住所、又は職業」は都合よく変えるわけにもいきません。

なので、今回は「自己紹介文」について焦点を当てます。

プロフィールの紹介文はどのように表示されるか

google-profile-technic-0007

プロフィールの紹介文でこのように書くと、

google-profile-technic-0008

検索結果画面で、このように表示されます。プロフィールの文字が1行目から順番に表示されていますね? そして、紹介文の途中で途切れています。

つまり、プロフィールの後半部分は殆ど表示されていないということです。

もし、紹介文の後半に趣味、興味分野の事を書いていたとしても検索結果画面からは見えないのです。

Google+で紹介文をどのように書くか

例:紹介文に趣味を書く場合

google-profile-technic-0001

検索結果画面の事を意識せず、紹介文に趣味のことを書くと、

google-profile-technic-0003

このように表示されます。

これでは折角、趣味のことを書いていてもあまり意味が無いですね。

google-profile-technic-0002

検索結果画面を意識して、趣味のことを紹介文の前半に書くと、

google-profile-technic-0004

きちんと、検索結果画面で趣味のことが表示されています。

どちらの方が、同じ趣味の人に見つけてもらいやすいか分かりますね?

同じ紹介文でも順番を入れ替えることで、検索結果画面での印象が大きく変わります。

Google+ のプロフィールで気をつける所

Google+ の検索結果に自分のプロフィールを最適化するには、

自己紹介文の1行目に力を入れろ! 

ということです。

なるほど! と思った方は、ぜひ知り合いの方にも教えてあげて下さい。