PLUS1WORLD

VOD(Netflix,Hulu,U-NEXT,FOD,Paravi,dTV,DAZN,YouTube Premiumなど)

クレジットカード&電子マネー

自撮りでLINEスタンプを自作できる「LINE Creators Studio」の使い方

1 2 3

切り取る範囲を決めたら「✓」(チェックマーク)を押します。

スタンプのプレビューが表示されます。うまく切り取りできてないなと思ったら、左上の「<」からトリミング(切り取り)に戻れます。

切り取った写真はスタンプにする前に「編集」ボタンを押すことで加工できます。

編集画面のツールを使うことで、撮影した写真の色合いを変えたり、線を描いたり、文字を追加したりすることが出来ます。

もし編集画面で間違ったところに線を描いてしまって取り消したい時は、アンドゥ・リドゥのボタンを押せば、好きなだけ戻ってやり直せます。

このアプリには消しゴム機能はないので、間違えたらアンドゥ・リドゥを使ってやり直しましょう。

スタンプの加工が終わったら、右上の保存ボタンを押して編集を確定させます。

納得のいくスタンプが出来上がったら「完了」ボタンを押しましょう。

スタンプ管理画面に新たにスタンプが追加されます。

スタンプは複数個作れます。販売する際にはスタンプは8個単位で売ることになります。

作ったスタンプを販売するにはマイページ下のメニューからLINEログインし、LINEによる審査を受け、スタンプが審査に通る必要があります。

スタンプが審査に通れば、他のユーザーも使えるような形で作ったスタンプが「LINE STORE」やLINEアプリ内「スタンプショップ」で公開・販売されます。

自作スタンプは審査を通らなければ利用不可

今のところ「LINE Creators Studio」で作ったスタンプを利用するにはLINEによる審査を受けた後に、必ずストアから購入する必要があります。

個人で作って、自分や仲間内だけで使う場合でも、LINEによる審査を受けないとスタンプとして利用することは出来ません。

このことは「マイページ」の設定(歯車マーク)から、「Q&A」を見ることでも確認できます。