PLUS1WORLD

iPhone,iPadアプリのアイコン取得や画像加工で重宝する「imageKit」

imagekit-0021

ブログなどで、iPhoneアプリ、iPadアプリ、Macアプリなどを紹介する時にアプリのアイコンの画像がある方がアプリを紹介をしやすくなります。

またアプリを紹介する際にスクリーンショットがあるとアプリの動きが分かりやすくなります。そのスクリーンショットを加工するとなお良くなります。

しかし、そういった画像を用意するのは結構手間です。面倒くさい作業になりがちです。

今回はそんな面倒な作業を簡単にしたいという要望を叶えてくれる、アプリのアイコン画像を簡単に取得でき、スクリーンショットの加工、画像合成機能の付いた便利なアプリ「imageKit」を紹介します。

広告

アプリ紹介記事を書く際に重宝する imageKit

ImageKit – rakuishi

imageKit には3つの機能があります。

imagekit-0001

検索したアプリのアイコン画像を取得してカメラロールにダウンロードし保存する機能。スクリーンショットのステータスバー、黒フチなどの不要部分をカットする機能。画像を横に並べて合成する機能です。

アイコン取得(アプリ検索)

imagekit-0007

アプリ検索ではiPhoneアプリ、iPadアプリ、Macアプリのアイコン画像を取得出来ます。アイコン画像の欲しいアプリの名前をフォームに入力し、アプリを検索して対象のアプリを選択してください。

imagekit-0011

アイコン画像は縦横512ピクセルでカメラロールに保存されます。アイコン画像の角を自動で角丸処理してくれます。

画像合成

imagekit-0003

画像合成では2つのスクリーンショットを並べた画像を合成してカメラロールに保存することができます。スクリーンショットを複数表示したい時、アプリを比較したい時に便利ですね。

imagekit-0002

合成して保存するとこのような2つのスクリーンショットを繋げた画像が作成出来ます。

スクリーンショット以外の画像(アイコン)でも並べて合成写真を作ることができます。

スクリーンショットのトリミング(切り取り)

トリミング機能では、撮影したスクリーンショットの効率的な切り取りができます。

スクリーンショットの黒フチやステータスバーの部分を簡単にカットすることができます。

imagekit-0023

複数のスクリーンショットの不要な部分を一括で除去できます。

ステータスバーは、縦でも横でも消すことができます。

アプリ紹介で画像を多用するなら

imageKit はアプリ紹介の際に使用する画像を取得したり、加工したり出来る便利なアプリです。

アプリ紹介の下準備を効率的に行いたい人や、iPhoneだけでブログを書いているモブロガーはこのアプリを入れておけば重宝すると思います。