iPhoneの容量不足を解決! ストレージの空き容量の確保方法まとめ

どのアプリがどの程度iPhoneの容量を使用しているか確認できます。上にあるほど容量を圧迫しているアプリになります。

今後遊ばないゲームや使わないアプリがあれば、積極的に削除しましょう。この画面で削除したいアプリを選択するとアプリを削除出来る画面に移動します。

アプリを削除すると、そのアプリで使用していたデータも同時に削除されますのでご注意下さい。

消しても問題のない容量を圧迫しているアプリをどんどん消していって、iPhone の空き容量を確保しましょう。

音楽、ビデオを削除する

音楽やビデオもiPhoneの容量を圧迫します。

今後聴くことがない音楽や、ミュージック・ビデオなどを削除するのもiPhoneの空き容量を確保するのには有効な方法です。

曲とアルバムの削除方法

「ミュージック」アプリでは、アルバムや曲の「…」(三点リーダー)から削除できます。

「削除」または「ライブラリから削除」を押すことで、選んだ曲、アルバムを削除できます。

ビデオの削除方法

iphone-aki-youryo-0010

「ビデオ」アプリでは対象の動画を左にスライドすることでビデオを削除できます。(「ビデオ」アプリが見つからない場合、AppleTV(TV)アプリのライブラリに移動してください)

iphone-aki-youryo-0008

また、アプリの削除と同様に、「設定」>「一般」>「ストレージとiCloudの使用状況」>「ストレージを管理」から「ミュージック」「ビデオ」のアプリを選択することで、その中に入っている音楽やビデオを削除できます。

写真、動画を削除する

iPhone のカメラで撮影した写真、動画は意外と容量を圧迫します。

iphone-aki-youryo-0011

残す必要のない、写真、ビデオを選び「写真」アプリから削除してしまいましょう。

容量は確保したいけど、消したくない動画があるという方は、撮影した動画をYouTubeにアップロードしてみるのはいかがでしょうか?

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 YouTube

YouTubeに動画をアップロードしても公開範囲を限定すれば、他人に見られることはありません。ホームビデオなどをiPhoneに残さず、YouTubeで残すという選択肢もありだと思います。