iPhoneの容量不足を解決! ストレージの空き容量の確保方法まとめ

ブラウザ「Safari」のキャッシュを削除

アプリ、音楽、ビデオ、写真、これらを削除してもまだ空き容量が足りない場合は、iPhoneのデフォルトブラウザ「Safari」のキャッシュデータを削除しましょう。

ブラウザのデータを消すには、「設定」から「Safari」を選択します。

iphone-aki-youryo-0012

その後、「履歴とWebサイトデータを削除」でデータを削除できます。

「Safari」をメインブラウザとして使用している場合、データを消すことで問題が起こる可能性があります。ブラウザのデータを消しても問題がないかどうか確認した上で削除しましょう。

それでも駄目なら「その他」のデータの削除

ここまで、紹介した方法を使用しても、空き容量が足りない場合は最終手段として、パソコンでiTunesを使用し「その他」のデータの削除を行います。

iphone-aki-youryo-0013

「その他」のデータはiPhoneをパソコンに繋ぎ、iTunesを起動してiPhoneと同期することで確認できます。

「その他」に含まれるデータは、iOS がアプリで使う一時ファイル、アプリが作成したデータなどが入っています。「その他」のデータの中身をユーザ側から確認することは出来ません。

「その他」のデータを減らすには

まずは、パソコンでiTunesを起動させ、iPhoneをパソコンに繋ぎ、同期します。

次に、パソコンにiPhoneを繋げたまま、ホームボタンと電源ボタンを長押ししiPhoneを再起動させます。

再起動後、iTunesとiPhoneを同期させます。再起動前より「その他」の容量が減っていれば成功です。

ただし、元々「その他」の領域をあまり使っていない場合は、再起動しても「その他」で使っている領域が減らない場合があります。

iPhoneのストレージ容量を確保しよう

以上が、iPhoneで空き容量が足りない際に、容量不足を解消できる方法のまとめです。

日頃から使わないアプリを削除するクセを習慣づければ、iPhoneでストレージの空き容量不足に陥る事態は避けられると思います。

ゲーム系アプリはアップデートを繰り返すことで、知らないうちにアプリのサイズが肥大化していることがあります。なので、今後遊ぶ予定のないゲームはさっさと削除してしまいましょう。

空き容量不足に頻繁に悩まされるようであれば、iPhoneを買い換える際に、より容量の大きいiPhoneを選択してみましょう。

また、iPhoneの容量不足解消に使えるUSBメモリの活用も合わせて検討してみてください。

1 2 3