PLUS1WORLD

おったまげ! 世界レベルのけん玉ワザが予想以上に熱かった!

競技用けん玉

3連休の時に、ボヤーッとテレビを見ていたら、「今、海外でけん玉が流行っています! 海外で遊んでいる人は100万人います!」 と言っていたのでびっくりしました。

テレビがまた勝手にブームを作ろうとしてるんじゃないの? と疑いながら調べてみると、近年はけん玉がファッションやスポーツとして注目されているようです。(´・∀・`)ヘー 知らなかった。

海外ではどんな感じで遊ばれているのかな? と思いYouTubeで動画を確認したところ、海外ではけん玉がかなりイかしたかっこいいホビーになってました。

広告

日本よ! これがKENDAMAだ!

海外でのけん玉の普及に大きく貢献している KendamaUSA さんの動画です。

けん玉の遊び方がもう普通じゃありません。私の知っているけん玉の遊び方を超越していました。いったいどうやってあんなに複雑な動きをしているのか見ていても分かりません。

場所を選ばず、屋根の上だって、車から体を乗り出したってけん玉をプレイしています。良い子は真似しないほうがいいですね。(^_^;)

海外の人がけん玉をかっこ良く遊んでいるとそれだけでサマになりますね。なんだ、このおしゃれ感……。日本人ではこう上手くいかないと思います。

YouTube にはこの他にも多数のけん玉プレイ動画がたくさんありますので、気になる方はYouTubeで「kendama」を検索してみてください。

けん玉はフランス発祥とされ、けんと3つの皿を持つ現在の形は1918年に広島県で生まれた。80年ごろに競技用けん玉の登場を機に国内でブームが起きたが、近年は小学生や一部のファンのみに支えられている状況だった。今回の世界を巻き込んだ動きはまだ始まったばかりで、大ブームにつながる可能性もある。
―― けん玉、ストリート系男子はまる 音楽流し技披露  :日本経済新聞 より

けん玉という名称は日本由来のものですが、発祥は元々ヨーロッパなので、海外で受け入れられる要素は元々あったのかもしれません。

私は廃れた文化だと勝手に思ってました。けん玉の今後に期待したいですね。