PLUS1WORLD

実写映画「魔女の宅急便」の予告映像がYouTubeで公開

魔女の宅急便 108ピース コリコの町が好き! 108-275

YouTubeで映画「魔女の宅急便」の予告映像が公開されました。角野栄子さんによる児童文学「魔女の宅急便」がこの映画の原作です。

「魔女の宅急便」は過去にスタジオジブリの宮崎駿監督によってアニメ映画化されていますが、今回の実写化は原作者の強い思いによって実現したそうです。

実写『魔女の宅急便』予告編が解禁!主題歌は倉木麻衣の「Wake me up」 | ニュースウォーカー

私は原作は読んでおらず、アニメ版しか知りません。元々アニメのイメージが強い作品が映画化されるとどのくらいイメージが変わるのか、YouTube の予告編を見ることで分かりました。

広告

映画「魔女の宅急便」の予告映像

これが実写化……。

……。

あ、うん。 予告編だけでお腹いっぱいです。

元々アニメは舞台がヨーロッパだったはず……、こんなに日本人が出てくる映画になるなんて知らなかった……。

アニメ版を見ている回数の多い人ほど、キキの姿に違和感を感じるのではないでしょうか。原作の本だけ読んでいる人には違和感は無いのかな?

トンボのあのプロペラ自転車が予告編で一瞬映りましたが、どこまで再現できるのでしょうか? やっぱり飛んでるところCGなのかな?

猫のジジの姿が予告編で確認できなかったのですが心配です。本編では出てくるのでしょうか? 映画のポスターではいるようなんですが……。

全体的に雰囲気が違うので、ひょっとしたら実写映画はアニメ版とはストーリーが違うのかもしれませんね。

上映されたら、観に行った人に感想を教えてもらおう。(^^)

皆さんは予告編を見てどう思いましたか?