PLUS1WORLD

MVNO比較! おすすめの格安通話SIMはどれか?

mvno-sim-2016-4-0001

MVNOとは、自分では回線を持たずに、ドコモなどの大手から回線を借りて、自社ブランドで通信サービスを提供する事業者のことです。

最近はMVNO業者の格安SIMを使い、スマートフォンを安く使うのが流行ってきています。

私は昨年から MVNO業者 IIJmio の IIJmio SIMカード を使用しています。親がガラケーなのでLINEなどの通話アプリが使えないため音声通話に対応した格安SIMを使っています。

今月からIIJmioのサービス内容も大きく変わりましたので、MVNOの音声通話に対応した格安SIMを比較してみることにしました。

今回のSIMの比較はドコモ系格安SIMのみを比べています。

広告

ドコモ系通話SIMのみを比較する理由

今回、音声SIM比較はドコモ系格安SIMのみを比べています。

au系MVNOのSIMカードは iPhone 6 などで使用されている iOS 8では使用できませんし、SoftBank系列のワイモバイル(Y!mobile)Wi-Fiルータでほぼ詐欺まがいのことを行ったため除外しています。

Google がMVNOに参戦するようですが、まだ国内でサービスが展開されていないので比較対象とはなりません。

実際に私はdocomoの回線で格安SIM使っていますが、エリアが広く、どこでも繋がるのでほぼ困っていません。通信速度にも問題はありません。

ということで、今回はドコモ系通話SIMのみを比較しています。そして、日本通信などの信頼性の低い業者や選択肢に入らない業者は今回は除外しています。

MVNO比較! おすすめの格安通話SIMは?

IIJmio (みおふぉん)の通話SIM

顧客満足度No1の格安SIM

iPhone6・最新のiOSにも対応/IIJmio格安SIM

ます私が使っている、みおふぉんの通話SIMから。みおふぉんは2015年4月1日から使えるデータ量が増加しました。

初期費用が3,000円(税抜)、各プラン料金が

  1. ミニマムスタートプラン LTE月3GB 1,600円(税抜)
  2. ライトスタートプラン LTE月5GB 2,220円(税抜)
  3. ファミリーシェアプラン LTE月10GB 3,260円~(税抜)*SIM3枚

となっています。バンドルクーポン(3~10GB)の使用はアプリから「オン・オフ」を切り替えることが出来、クーポン適用時には、通信速度が制限されることはありません。

留守番電話(300円/月)・割り込み電話着信(200円/月)の利用はオプションです。

最低利用期間は2ヶ月(利用開始日の翌月末日まで)で、解約時の違約金は利用年月に応じて変わります。(長く使うほど違約金は安くなる)

契約後の料金プランの変更可能で手数料はかかりません。ファミリーシェアプランへの変更の場合は別途SIMカード追加手数料がかかります。

IIJmioの音声通話SIMは VoLTEに対応してます。iOS をアップデートすれば iPhone 6/6 Plus でもVoLTE(ボルテ)が利用可能です。

B00IUFBHQS

IIJ BIC SIM音声通話パック

広告

[まとめ] MVNO, SIM, キャリア(携帯電話), スマートフォン, モバイル