PLUS1WORLD

Amazonプライムビデオ(映画&ドラマ・動画見放題配信)

Instagram(インスタ)

無料・トライアル

NHKの解約に成功したので 契約解除方法と手続きの流れをまとめてみた

1 2

第3ラウンド:「放送受信契約解約届」を返送する

折り返しの電話から「放送受信契約解約届」が届くのに本当に1週間くらいかかりました。

早く送らないと無効になるので、「放送受信契約解約届」をすぐに書きました。

「放送受信契約を要しないこととなる受信機の数」という項目が引っ掛け問題。放送受信契約をしていた、契約を解除したい受信機の数を書きましょう。(これは人によって違います)

私は「地上1台、衛星0台」にしました。(人によって違うので適切な台数を記入してください)

「放送受信契約を要しないこととなった理由」は電話で聞かれた理由と同じものを記入しました。

「放送受信契約解約届」を記入、署名、捺印をした後で、念のためコンビニでコピーを取っておきました。

その後、NHKから送られてきた封筒に同封されていた返信用封筒に「放送受信契約解約届」を入れ、郵便局から速達&書留で返送しました。

私は関係なかったのでやりませんでしたが、テレビ撤去が放送受信契約の解除理由の場合は返信用封筒にテレビ撤去時のリサイクル券の写しも提出する必要があるそうです。

NHK受信契約の解約は無事終了し集金も停止

「放送受信契約解約届」をNHKに返送してからおよそ3週間後くらいに、NHKに既に支払済みだった受信料の払い戻しがあり、解約が完了したことを確認しました。

NHKの解約が終わっても、特にNHK側からの通達はないため、受信料の払い戻しがなければ、解約が完了したタイミングを知るのはちょっと難しいです。

その場合はNHKの受信料の請求がなくなったことを解約手続き完了の目安とすればいいのではないかと思います。

NHK 新版-危機に立つ公共放送 (岩波新書)

1 2