PLUS1WORLD

Nintendo SwitchのProコントローラーは高いけど買い? 購入してみた

1 2 3

Nintendo SwitchのJoy-Conは携帯性のためにボタンが小さくなっていて押し間違えやすい。

Nintendo Switchのジョイコンは特にL、Rボタンが本体を薄くするために細くなっており、ZL、ZRとの押し間違いが頻繁に起こりやすい設計になっています。

Nintendo SwitchのProコントローラーはボタンが小さくないのでボタンを押し間違えにくい。

Proコントローラーの場合は、L,Rボタンはしっかりと太めに作られて押しやすくなっています。

Nintendo SwitchのProコントローラーとJoy-Conのボタンの大きさの差は大きい。

並べて比較してみれば一目瞭然です。Nintendo SwitchはL,R,ZL,ZR ボタンの大きさが携帯性のために操作性が大きく犠牲になっていることが分かります。

Proコントローラーを使えば、LとZL、RとZRの押し間違いは起こりにくくなります。

ボタンを多く使うゲームほどProコントローラーの方が操作性が良く、遊びやすさを感じられます。コントローラーの握りやすさと操作性はProコントローラーの方が上です。

Proコントローラー は HD振動/ジャイロ対応

ProコントローラーはNintendo Switchの売りであるHD振動にもしっかり対応しています。

Wii UのGamePadと同様に、加速度センサー/ジャイロセンサーも搭載しています。

Nintendo SwitchのProコントローラーはamiiboの読み込みに対応。

NFC(近距離無線通信)にも対応しているので、プロコンの上部中央にamiibo(アミーボ)を置けば反応してくれます。

ただし、ProコントローラーはモーションIRカメラには非対応です。モーションIRカメラを使うゲームを遊ぶ場合は Joy-Con(ジョイコン)を使用する必要があります。

Joy-Con(ジョイコン)から変更して分かったこと

私のNintendo Switchのプレイスタイルは、ドックを利用してテレビに繋いで遊ぶ『TVモード』と、Joy-Con(ジョイコン)を取り付けて持ち運ぶ『携帯モード』の2つの利用がメインです。

Nintendo SwitchのJoy-ConをTVモード使用時に毎回取り外すのは面倒。

Proコントローラーを買う前は『TVモード』の時は、Joy-Con(ジョイコン)をグリップに取り付けて遊んでいました。

Nintendo Switchを『TVモード』から『携帯モード』に切り替えるたびに「Joy-Con」を取ったり外したりするのが若干面倒でした。

Proコントローラーを購入してからは、Nintendo Switchに「Joy-Con」を取り付けたままです。