PLUS1WORLD

ハイレゾ音源再生対応のヘッドホン「RP-HD10」が高音質でおすすめ

1 2

panasonic-rp-hd10-review-0008

この超多層フィルムが不要な残響を残さず、高い応答性、広帯域・高解像度再生を実現しています。

音楽などを聴いていると、音に対しての不自然さがなく、とてもナチュラルに聴こえます。低音域、中音域、高音域がバランスよく聴こえます。

HSアジャスト機構

panasonic-rp-hd10-review-0009

ヘッドホンはヘッドバンドとハウジングの位置を段階的に細かく調整できます。スライド機構には目盛が刻まれているので、装着時の目安に出来ます。

panasonic-rp-hd10-review-0011

オーバーヘッドホンとして世界初の水平方向アジャスト機構(Horizontal Slide)を搭載しています。

panasonic-rp-hd10-review-0010

ヘッドバンドを水平方向にスライドさせることにより、ハウジングとヘッドバンドを、頭の形状に対して最もフィットする位置に調整可能です。

panasonic-rp-hd10-review-0013

特許出願中のこの機構で、耳周りにイヤーパッドがしっかりフィットします。

持ち運びもしやすい

panasonic-rp-hd10-review-0014

平たく折りたためる折りたたみ機構なので、持ち運びやすくなっています。

キャリングポーチも付属しているため持ち運び用の袋を自分で用意する必要はありません。

RP-HD10 はこんな人におすすめ

「RP-HD10」特定の音域を強調するといったことはしないヘッドホンなので、ハイレゾの音を正確に聞きたい人にはおすすめです。

逆に言えば、重低音に迫力がほしいという人はソニーのハイレゾ対応ヘッドホンを買ったほうがいいでしょう。

また、5.1chサラウンド等には対応していないので、映画を楽しむのにも不向きです。

つまり、RP-HD10 は

  • ハイレゾの音を正確に楽しみたい
  • 音楽をより楽しみたい

という人におすすめです。

RP-HD5 より「RP-HD10」をおすすめする理由

「RP-HD10」には廉価バージョンの「RP-HD5」というハイレゾ対応ヘッドホンがあります。

パナソニック 密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 ブラック RP-HD5-K

値段はRP-HD5の方が安いので、こちらのほうが手を出しやすいですが、あまりおすすめしません。

おすすめしない理由はコードがケーブル交換できない点とコード長が1.2mしかない点です。

「RP-HD10」であれば、約1.2m/約3.0m(着脱コード)があり、再生環境に応じて長さを変えられますが、RP-HD5ではそうはいきません。

価格差はありますが、RP-HD5 を買うなら、もう少し投資して「RP-HD10」を買ったほうが絶対に後悔しないと思います。

パナソニック 密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 ブラック RP-HD10-K

1 2