PLUS1WORLD

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』感想・レビュー

star-wars-7-review-0001

映画スターウォーズ最新作の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を映画館で観てきました。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のシナリオは過去のスターウォーズシリーズから続いた話となっています。

過去の6作品を見たのが結構前なので、だいぶ記憶が薄れていてるので大丈夫かなと少し心配でしたが、その心配は杞憂でした。

以下、ネタバレありの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の感想・レビューです。

広告

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』感想

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』特報第2弾 – YouTube

IMAX 3Dで見て正解だった

最高の環境でスターウォーズを楽しむためにIMAX 3Dのスクリーンで鑑賞しました。

IMAXという規格はIMAX社が作った映画を鑑賞する環境の規格の一種で、超高解像度のフィルムである70mmのフィルムが使用されています。

IMAXの音響は座席のどこに座ってもクリアなサウンドが楽しめるように設計されていて、IMAXの環境では大迫力のスターウォーズが楽しめます!

元々宇宙が舞台のスペースオペラ映画なので立体的な動きや奥行きのある世界が描かれるシーンが多くIMAX 3Dで見た際の3D映像の迫力は半端無かったです!

ディズニー感はほぼ無い

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は「ルーカスフィルム」を買収したディズニーが制作しています。

ディズニーが作るということで、ディズニー映画によくある「突然歌ったり踊ったりするような映画」になってしまうのかなと不安に思ってしまう人もいると思いますが、そんなことはありませんでした。

逆にディズニーの資金力に物を言わせ、金をかけて作ってるなぁという感じはありました。

今作はスターウォーズでやって欲しいことは大体やってくれたので、コレジャナイ感は殆どありませんでした。

逆に、スターウォーズみたいな映画は、もう「スターウォーズ」にしか作れないと思いました。

BB-8 クソ可愛い!

B01427MW3O
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 BB-8

本作の予告にも出てくるドロイドの新キャラ「BB-8」が映画本編にも頻繁に登場しています! その動きやしぐさがとても可愛かったです!

「BB-8」は可愛いだけでなく本作でもストーリー上重要なカギを握っていたので、このドロイドを巡る戦いは終始目が離せませんでした!

映画の終盤では「BB-8」は役目を果たしてしまったので、今後の続編ではあまり登場してくれないかもしれません。少し残念ですね。

逆に従来の人気ドロイドである「R2-D2」「C-3PO」の出番は今作では少なかったので、次の作品ではもっと出るのではないかと期待しています。

ハン・ソロとチューバッカの活躍

予告編でも登場していた、スターウォーズファンならお馴染みのキャラクター「ハン・ソロ」「チューバッカ」のコンビが今作ではガッツリ出てきました!

予告で見た時はチョイ役程度で出てくるのかなと思っていましたが、ストーリーにガッツリ絡んできてくれて嬉しかったです!

ハン・ソロの愛機である宇宙船のミレニアム・ファルコンも作中でタイ・ファイター相手に大活躍するので往年のSWファンは感涙モノだと思います!

レイア姫という名称でお馴染みのレイア・オーガナは今作でレジスタンスの将軍として登場! ハン・ソロとの絡みあいが面白かったです! 文句言い合ってるけど、仲いいなお前ら!

ハン・ソロはストーリーの途中でやられてしまいましたが、今後の登場はあるのでしょうか? それだけが気がかりです……。

敵側がそんなに強くなさそう

今作の敵組織である「ファースト・オーダー」のカイロ・レン。ダースベイダーのようなマスクを被り、フードをかぶっている新キャラです。

その正体はベン・ソロ。ハン・ソロとレイアの息子。マジかよ!

今作も大宇宙を舞台に繰り広げられる親子喧嘩&痴話喧嘩みたいです。スターウォーズ エピソード4~6を踏襲してますね!

しかし、そのカイロ・レン。事あるごとに怒り狂ってライトセーバーを振り回し器物破損! 癇癪起こしすぎだろ! ダース・ベイダーに憧れてるみたいだけど、ダース・ベイダーの足元にも及びません!!

そしてそのカイロ・レンの実力は、ロクにジェダイの修行もしてない主人公のレイとライトセーバーでいい勝負してしまう程度の実力! しかも負けてるし! 弱すぎじゃね?

主人公のレイがルーク・スカイウォーカーに鍛えられたらもう勝ち目無いんじゃないかなと思いました。

こんなのが上層部にいて大丈夫なのかファーストオーダー!? ダークサイドの使い手「スノーク」も実力は不透明だし、敵にあまり強さを感じないんですよねぇ……。

ストームトルーパーにすら裏切られる組織に未来はあるのか! ファーストオーダーの今後にご期待ください!

安心して見れる『スターウォーズ』

見る前は色々と不安があった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ですが、いざ観終わってみると、もう一度観てみたいなと思えるくらいには仕上がっている作品でした!

改めて実感しましたが、スターウォーズは相変わらず汚しのテクニックが凄いですね! ロボットや機械、生活用品の年季の入った感じを出すのが本当に上手くて惚れ惚れします。そういった細かい描写への配慮が、各登場人物の存在感に影響を及ぼしている気がします。

本作はストーリーがテンポよく進みますし、脚本の構成も見事なので上映時間の2時間16分もあっという間に感じました!

年末年始に見る映画は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で決まりだと思います!

B018R6QJ44
映画 スターウォーズ フォースの覚醒 ポスター