PLUS1WORLD

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』感想・レビュー

star-wars-7-review-0001

映画スターウォーズ最新作の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を映画館で観てきました。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のシナリオは過去のスターウォーズシリーズから続いた話となっています。

過去の6作品を見たのが結構前なので、だいぶ記憶が薄れていてるので大丈夫かなと少し心配でしたが、その心配は杞憂でした。

以下、ネタバレありの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の感想・レビューです。

広告

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』感想

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』特報第2弾 – YouTube

IMAX 3Dで見て正解だった

最高の環境でスターウォーズを楽しむためにIMAX 3Dのスクリーンで鑑賞しました。

IMAXという規格はIMAX社が作った映画を鑑賞する環境の規格の一種で、超高解像度のフィルムである70mmのフィルムが使用されています。

IMAXの音響は座席のどこに座ってもクリアなサウンドが楽しめるように設計されていて、IMAXの環境では大迫力のスターウォーズが楽しめます!

元々宇宙が舞台のスペースオペラ映画なので立体的な動きや奥行きのある世界が描かれるシーンが多くIMAX 3Dで見た際の3D映像の迫力は半端無かったです!

ディズニー感はほぼ無い

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は「ルーカスフィルム」を買収したディズニーが制作しています。

ディズニーが作るということで、ディズニー映画によくある「突然歌ったり踊ったりするような映画」になってしまうのかなと不安に思ってしまう人もいると思いますが、そんなことはありませんでした。

逆にディズニーの資金力に物を言わせ、金をかけて作ってるなぁという感じはありました。

今作はスターウォーズでやって欲しいことは大体やってくれたので、コレジャナイ感は殆どありませんでした。

逆に、スターウォーズみたいな映画は、もう「スターウォーズ」にしか作れないと思いました。

BB-8 クソ可愛い!

B01427MW3O

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 BB-8

本作の予告にも出てくるドロイドの新キャラ「BB-8」が映画本編にも頻繁に登場しています! その動きやしぐさがとても可愛かったです!

「BB-8」は可愛いだけでなく本作でもストーリー上重要なカギを握っていたので、このドロイドを巡る戦いは終始目が離せませんでした!

広告

[映画感想] SF, レビュー, 宇宙, 映画