PLUS1WORLD

2013年下半期 動画関連ニュースまとめ

video-2013-the-last-half-0000

皆さん、あけましておめでとうございます! もう2014年になっちゃいましたね!

昨年、2013年はこれまで以上にWEB上の動画サービスの利用が拡大すると、私は予測していました。

予測を大きく上回ることはありませんでしたが、2013年はWEBの動画関連で様々な動きがあり、概ね予想通りでした。

この記事は2013年の下半期のWEB動画に関連したニュースをまとめた記事です。

2013年の上半期の動画関連サービスの動きについては既にこちらにまとめています。この記事はそれの続きです。

広告

YouTube 関連ニュース

YouTube は今年後半も結構変化がありました。

YouTube Space Tokyo 利用申し込み開始!

日本版 YouTube クリエイター ブログ: YouTube Space Tokyo の利用申し込み開始!

YouTubeクリエイター向けのスタジオである「YouTube Space Tokyo」の利用申し込みが出来るようになりました。

各種の細かい利用方法はYouTube公式ブログに書かれていますので、使ってみたい人はルールを守って撮影などの申し込みをしてください。

YouTube複数チャンネルの作成が簡単に

YouTubeチャンネルを Google+ ページにリンクすることでチャンネルの作成と管理が簡単になりました。

YouTube 複数のチャンネルの作成と管理が簡単に

Google アカウント1つで最大 50 個のチャンネルを管理できます。使えるチャンネルがこれだけあれば普通は困りませんねw

YouTube 外部用チャンネル登録ボタンを公開

video-2013-the-last-half-0002

YouTubeが外部サイト用の埋め込みチャンネル登録ボタンを公開しました。

YouTubeチャンネル登録ボタンが公開! チャンネル登録者を増やせるぞ

むしろ今までなぜなかったのか分からないぐらい需要があったボタンだと思います。まだ設置していない人は設置してみましょう。

YouTube ライブ配信(生放送)機能の利用を緩和

YouTubeのライブ配信機能である「YouTube Live」の利用が大幅に緩和されました。

YouTube のライブ配信(生放送)機能『YouTube Live』一般ユーザに開放

YouTubeとパートナーとなり、ルールを守っていれば、ライブ配信機能を誰でも使えるようになりました。若干クセがありますので、利用する際は一回テストしてから使ってみてください。

YouTube視聴アプリで「ながら見」が可能に

video-2013-the-last-half-0005

モバイル向けYouTubeの視聴アプリで動画を再生しながら最小化出来るようになりました。

YouTube 「ながら見」しながらアプリの操作が可能に

動画を見ながら、次に見る動画を探せるのでユーザにとってアプリの利便性が上がりました。私もよく使っています。

広告

[まとめ] Vine, YouTube, コンテンツ, ニュース, ハングアウト, メディア, 動画, 生放送