PLUS1WORLD

Vine の使い方:Twitter公式6秒動画共有アプリ(iPhone版)

vine-0070

Vine (ヴァイン)とは Twitter に最大6秒の短い動画を撮影・投稿できる Twitter 公式アプリのことです。

Twitter 動画の作成と共有(投稿)が出来る iOS用アプリ「Vine」を発表

このアプリを利用することで、最大6秒までの動画の作成でき、その動画を Twitter や Facebook で共有できます。Twitter でちょっとした動画を共有したい時に便利なおすすめのアプリです。

今回は iPhone での Vine の使い方を簡単に解説します。Androidアプリ「Vine」の使い方も記事にしています。

広告

Vine (iPhoneアプリ)の使い方

Vine – Vine Labs, Inc.

まず、Vine のiOS アプリをダウンロードし、お持ちのiPhoneにインストールしてください。

Vine の初期設定

vine-0071

初回起動時の画面です。Twitter アカウントを既に持っていることを前提に話を進めます。

「新規登録」 を押し、「Twitterで新規登録」からTwitter アカウントでのログインを行なってください。Twitter アカウントを複数持っている場合、Vine と連携したいアカウントを選んでください。

Twitterアカウントがない場合はメールアドレスで新規登録することもできます。

Twitter アカウントでログイン後、Vine アカウントの作成画面が出てきます。

vine-0072

TwitterアカウントでVineを始めるとプロフィール画像と電話番号(オプション)を設定するフォームが出てきます。

ユーザー名はTwitterで使用しているものが設定されていますが、名前の部分を押すことで入力して変更する事ができます。

設定が済んだら右上の「完了」ボタンを押してサインアップ(登録)しましょう。

Vine の基本的な画面構成

vine-0073

これが Vine の基本的な画面構成です。デフォルトでホーム画面が表示されます。ホーム画面には自分の投稿した動画やフォローしている人の投稿した動画、人気のある動画が表示されています。

動画をタップする(押す)ことで、動画の再生と停止を切り替えられます。動画はデフォルトで再生されています。

vine-0074

動画を左にスワイプするとその動画を見た人が見た他の動画が表示されます。これは似たような動画を探すのに役立ちます。

広告

[Vine] iPhoneアプリ, SNS, Twitter, 動画