VRを体験できる新宿の施設『VR ZONE SHINJUKU』でVRを初体験してきた

メガネをかけたままでもVRゴーグルを装着して、アクティビティを体験することは出来ます。

利用した順に各アクティビティの感想を書きます。

マリオカート アーケードグランプリ VR

現時点での一番人気と思われるVRコンテンツです。マリオカートをVRで楽しめます。

実際にカート風の筐体に乗り、ハンドルやアクセル、ブレーキを使って操作します。

各筐体ごとにキャラクタが決まっているため、マリオ、ルイージ、ピーチ、ヨッシーの中で使いたいキャラクタがいるなら、そのキャラクタの筐体に乗りましょう。

アイテムは手を使ってキャッチし、手を振って使います。アイテムに頼ろうとすると、ハンドル操作が疎かになるので注意しましょう。

人生初めてのVR体験だったのでマリオカートVRで苦戦しましたが、それでも楽しかったです!

極限度胸試し ハネチャリ

足こぎのグライダー「ハネチャリ」に乗って、大自然の中を飛び、ゴールを目指すアクティビティです。

ハンドル付きのエアロバイクのような筐体に乗り、ゲーム内のグライダーを操作します。

高所から飛び降りたり、空中を飛び回ったりしないといけないので、高所恐怖症の人にはおすすめできないVRコンテンツです。足がすくみます。

グライダーは漕いだら前に進むのではなく、上昇するだけなので、ハンドルを前後に動かして、進んだり止めたりしないといけません。結構忙しいゲームです。

ゲーム好きの私でも操作が難しいゲームだったので、時間内にゴールすることは出来ませんでした。ですが、大自然の中を滑空すると風が吹いてきて爽快感がありました。ゴール出来ない場合は景色を楽しみましょう!

釣りVR GIJIESTA

大自然を前に、釣り竿やアミのような装置を使って魚を捕まえていくゲームです。

釣り竿を振ったりする関係で、プレイヤーの周囲のスペースはかなり広めにとられています。

ルアーを投げて、リールを巻いて、右へ左へ飛び跳ねる魚を釣り上げるだけですが、釣りはコントローラーからリアルな手応えを感じられました。

釣りの最中にルアー(疑似餌)の変更ができます。ルアーによって釣れる魚が変わるようですが、体験時間内に釣り上げた魚が4匹だったので、私にはイマイチ違いが分かりませんでした。(´;ω;`)

私はまったく普段釣りをすることはないのですが、一見地味そうなVRコンテンツである「釣りVR」は思っていたより楽しめました!

ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波

ドラゴンボールの世界で『かめはめ波』を撃つ体験ができるアクティビティです。

実際にかめはめ波のポーズを行うため、手や足、腰の部分に装置を装着します。

ゲーム内で、「気弾」や「かめはめ波」を思った方向に飛ばすのは難しいです。VRゴーグルを装着した状態だと自分を客観的に見ることが出来ないからです。

また、かめはめ波を撃つこと自体が難しく、私がまともにかめはめ波を撃てたのは1回だけでした。撃てれば爽快感がありますが、ゲーム初心者&VR初心者には難しいと思います。

1階のおみやげコーナーで「VR仙豆」が売っています。これを使えば、ドラゴンボールの世界で仙豆を食べる体験ができるそうです。(笑)

極限度胸試し 高所恐怖SHOW

地上200メートル。高くて狭い足場にいる子猫を実際に足を踏み出して救い出すVRアクティビティです。

実際VRゴーグルを付けながら、このような狭い足場を進んで猫を救出します。進めなかった時点でリタイアとなりアクティビティ終了になります。足場から落ちても終了です。

この板のような足場が思っていたよりグラつくため、VR関係なく普通に落ちそうになります。

子猫ちゃんは現実ではこのような見た目です。これを抱えながらスタート地点まで戻ります。猫が救出後の帰り道に暴れだしたら、個人的にはもっと面白かったと思います。

マリオカートVRやハネチャリのような非現実的なVRを体験した後だと、「高所恐怖SHOW」は若干物足りなく感じてしまいました。逆に言えば、シンプルな「高所恐怖SHOW」はVRを初体験するのには最適なアクティビティだと思います!

VR初心者でも楽しめる『VR ZONE SHINJUKU』

VRコンテンツを全く未体験のままで、『VR ZONE SHINJUKU』でVRを初体験しましたが、想定していた以上に楽しめて良かったです! VRについても色々と知ることが出来ました!

普段3Dゲームを良く遊んでいるので、VRコンテンツで酔うことは無いと思っていたのですが、「マリオカートVR」や「ハネチャリ」のような移動が早く、周囲をキョロキョロ見渡さなくてはならないVRコンテンツは酔いやすいことが分かりました。

VRコンテンツ未体験で酔う不安がある人は「酔い止め」を持っていくと良いと思います。

夏休み、どこで遊ぼうか迷っている人は『VR ZONE SHINJUKU』で最新のVRコンテンツを楽しんでみてはいかがでしょうか?

VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書)

1 2