PLUS1WORLD

feedly で読んでるフィードを Sylfeed に一括で登録してみた

feedly-sylfeed-0006

皆さん、こんにちは。 iOS7 が公開され、しばらく経ちましたが、新しい環境にすんなり移行出来ましたか?

私は iOS7 に移行のタイミングで、iPhoneアプリのRSSリーダー「Sylfeed」を一旦削除してしまったため、元々Google リーダーからインポートしていたフィードのデータが消えてしまっていました。

feedly-sylfeed-0001

フィードのデータが無い! (ノ∀`)アチャー

改めてアプリにRSSのフィードを一つ一つ登録していくのは面倒なので、普段使っている feedly で読んでいるフィードの情報を移行できないかなー。と思い確認してみたところ、Sylfeed はURL経由でのOPMLファイルのインポートに対応していました!

せっかくなので、この方法を試してみました!

広告

Sylfeed に feedly で読んでいるフィードをインポート

feedly のOPMLファイルを取得する

feedly で読んでいるフィードの情報は OPML 形式でダウンロード出来ます。

まずは feedly にログインしてください。

そして、OPML のダウンロードページに移動します。

feedly-sylfeed-0009

Click here to download your feedly OPML を押すことでOPMLファイルをダウンロード出来ます。

ダウンロードしたファイルにURLを割り当てる

ローカルにダウンロードしたOPMLファイルを Sylfeed で使うにはURLを割り当てる必要があるようです。

ファイルをアップロードできるサーバーとドメインを持っている方はOPMLファイルをアップロードして独自のURLを割り当てることが出来ると思いますが、そんな環境持っている方の方が少ないですよね。

私は Dropbox のファイル共有機能を使って、OPMLファイルにURLを割り当てました。こっちのほうが楽だし速い!

feedly からダウンロードしたOPMLファイルをDropbox のPublic(パブリック)フォルダに保存。右クリックからファイル共有用のURLを取得しました。

feedly-sylfeed-0008

右クリックから取得したURL(公開リンク)をiPhoneにメールで送信しました。

こういうことが出来るから、Dropbox は便利だね!

OPMLファイルのURLを Sylfeed で入力

後は、iPhone にメールで送られてきたURLを Sylfeed のアプリを開いて入力するだけです。

Sylfeed にフィードを追加する画面で OPMLファイルのURLを フォームに入力しましょう。

feedly-sylfeed-0003

これでフィードがまとめて読み込まれ、feedly で普段読んでいるフィードをまとめて登録することが出来ます。

feedly でフィードを追加しても安心

長くなりましたが、この手順で feedly で読んでるフィードを Sylfeed に登録できます。私と同様に Sylfeed のデータが消えてしまった人は試してみてください。

Sylfeed に登録しているフィードのデータが Google リーダー の頃のままで、feedly で読んでいるフィードと結構ズレが発生してしまっている人は、この方法で統一してみてはいかがでしょうか。

Sylfeed は iOS7 にも対応していますし、レビューでも評価の高いRSSリーダーですので、まだ使ったことがない方はぜひ使ってみてください!