PLUS1WORLD

iPhoneが急に充電できない状態になる原因と対処法

iphone-battery-charge-failed-0001

普通、iPhoneにケーブルを挿すと自動的に充電が開始しますが、突然手持ちのiPhoneが充電できなくなることがあります。

iPhoneは電池がないと使えませんから、バッテリーが充電できない状態になると困りますよね?

今回は、iPhoneがいきなり充電できない状態になったときの原因と対処方法をまとめてみました。

広告

iPhoneが充電できない状態の原因と対処法

iPhoneにケーブルを挿しているのに充電されない。充電マーク(電池マーク)が表示されるだけでバッテリー残量が増えない。

そんな時は充電できない理由として様々な原因が考えられます。

まずはコンセントを疑え!

当たり前すぎて、見落としがちなのがコンセントです。

コンセントが故障していたり、コンセントに充電器がきっちり刺さっていなかったりしませんか?

コンセントの延長ケーブルを使用しているときは、延長ケーブルがしっかり刺さっているかどうか、延長ケーブルに問題が発生していないか確認してみましょう。

iphone-battery-charge-failed-0005

コンセントではなくUSBで充電している場合は、電圧が足りなくてiPhoneに充電できない場合があります。

USB経由ではなく、家庭用の100V のコンセントから直接充電しましょう。

充電器・ケーブルに異常はないか?

iphone-battery-charge-failed-0003

次に原因として考えられるのが、iPhoneの充電器・充電ケーブル(Lightningケーブル)の故障・断線です。

本体付属のケーブルやApple公認のケーブルでない場合、充電できない可能性があります。

iphone-battery-charge-failed-0002

アップルの認証を受けている商品はこのような「Made for iPhone」が貼付されています。iPhone への接続専用に設計された製品であり、Apple が定める性能基準に適合していることを認定された商品です。

つまり「Made for iPhone」マークのない充電器や充電ケーブルはそもそも動作が保証されていません。突然使えなくなる可能性も十分にあります。

[iPhone] まとめ, ノウハウ, バッテリー, 充電