PLUS1WORLD

Sylfeed が OPML インポート対応で feedly からの移行が簡単に!

sylfeed-opml-feedly-0002

スタンドアロンRSSリーダーの iPhone・iPod touch アプリとして有名な Sylfeed がアップデートされ、OPMLファイルのインポート/エクスポートに対応しました。

以前にURL経由でのOPMLファイルのインポート方法を紹介しましたが、こちらの方法だとDropboxなどの外部サービスが必要でした。

新しく追加されたインポート・エクスポート方法は iTunes 共有フォルダを使用したものなので、PCさえあれば、簡単にOPMLファイルを Sylfeed に送ることが出来ます。これまで以上に簡単に feedly などのサービスから Sylfeed への移行が出来るようになりました。

広告

Sylfeed に OPML インポート(feedly)

Sylfeed に OPML インポート する方法を、feedly を例に解説します。feedly 以外の OPML ファイルも同様の方法でインポートできます。

feedly からOPMLファイルを取得する

feedly で読んでいるフィードの情報を OPML 形式でダウンロードします。

まずは feedly にログインしてください。

そして、OPML のダウンロードページ に移動します。

sylfeed-opml-feedly-0007

Click here to download your feedly OPML を押すことでOPMLファイルをダウンロード出来ます。

iTunesファイル共有

iTunes のファイル共有機能を使ってパソコン内にある OPMLファイルを Sylfeed に読み込ませます。

sylfeed-opml-feedly-0005

Sylfeed に OPMLファイルをファイル共有。

iTunes のファイル共有機能についてはアップル公式ページでも解説されています。ファイル共有の使い方が分からない方は以下のページを参考にしてください。

iOS:ファイル共有について

Sylfeed で OPMLファイルを読み込む

Sylfeed のRSSフィード追加画面より、ファイル共有済みのOPMLファイルを読み込む事ができます。

sylfeed-opml-feedly-0006

「OPMLをインポート」のボタンを押して、移行した画面からファイル共有されているOPMLファイルを読み込めます。

これで feedly のOPMLファイルを読み込む事ができます。

随分と楽になったOPMLファイルの読み込み

以前紹介した、URL経由のOPMLファイルのインポートより随分と手順が楽になっています。

これで、Sylfeed がよりスタンドアロンのRSSリーダーとして使いやすくなりました! スタンドアロンのRSSリーダーは Sylfeed で決まりですね!

Sylfeed の公式ブログによると近日中にiPad版を近日中にリリースするとのことなので、楽しみですね!