iPhone,iPadで撮影した写真に位置情報を残さない・記録させない方法

タグ: iPad, iPhone, ノウハウ, プライバシー, 写真, 情報, 撮影

あなたはiPhoneでどのくらい写真を撮影していますか? 年末年始などのイベントの多い時期は家族や知り合いで写真を撮る機会も多くなります。

iPhoneやiPadで写真を撮影した時、位置情報の記録が有効化されていると写真に位置情報が付与されてしまいます。その写真をネットで共有することであなたの住所などのプライバシーに関する情報が漏れてしまう可能性があります。

iPhoneで撮った写真を自分がSNSやブログなどに投稿しているなら、写真に撮影地の情報が記録されないように設定を無効化しておきましょう。

今回は、iPhone,iPadで撮影した写真に位置情報を残さない・記録させない方法を解説します。

iPhone,iPadで撮った写真に位置情報を付与しない

iPhone、iPadともにやり方は同じなのでiPhoneの画面で説明します。

iPhone,iPadで写真撮影時の位置情報付与をオフにする

iPhone、iPadのホーム画面から「設定」を開きます。

設定の中の「プライバシー」を選択します。

プライバシーの中の「位置情報サービス」を選択します。

位置情報サービスの中から「カメラ」を選択します。(位置情報サービス自体が無効化されている場合は「カメラ」は出てきません。)

カメラの位置情報の利用を許可を「なし」にします。

以上の手順でiPhone,iPadで写真撮影時に写真に位置情報が記録されなくなります。

なるべく位置情報は秘匿しておこう

以上が、iPhone,iPadで撮影した写真に位置情報を残さない・記録させない方法です。プライバシーを守りたい人は必ず設定しておきましょう。

iPhoneやiPadで位置情報の利用を求めてくるアプリは標準のカメラアプリだけではありません。FacebookのようなSNSアプリやLINEのようなメッセージアプリも位置情報を求めてくることがあります。

位置情報がバレれば、あなたの居場所を特定することは難しくありません。無用なトラブルを避けたいなら、アプリに位置情報の利用を許すのは最低限にしておきましょう。

iPhone Fan iPhone“便利&快適”活用術 iOS13対応

iPhone Fan iPhone“便利&快適”活用術 iOS13対応