PLUS1WORLD

iPhoneの完全初期化方法(リセット)とバックアップからの復元方法

本日、古い iPhoneを初期化(リセット)して 売ってきました!

お店で買い取られた iPhone は初期化してくれるらしいですが、本当に完全に個人情報などが消去されるか不安だったので、売りに行く前に自分でiPhoneを初期化しておきました。

今回は、iPhone を初期化してデータを完全に消去する方法について解説します! 初期化した iPhone をパソコンなどを使ってバックアップから復元する方法はこの記事の後半に載せています!

iPhone の初期化(リセット)方法

iPhoneを初期化する前にやるべきこと

iPhoneを初期化するとデータは全て完全に消えてしまいます。

なので、iPhone を初期化する前に、初期化した後に復元したい場合は、まずiPhoneのデータのバックアップ iCloud または iTunes を使って取得します。

バックアップ方法の詳細はApple公式サイトに載っています。手順を確認してiPhoneのバックアップデータをとりましょう。

iPhoneの初期化にはパスコードが必要

通常、iPhoneの初期化にはパスコードが必要です。パスコードはiPhone再起動時に入力する4ケタ、6ケタの番号などのことです。

iPhoneのパスコードがあっていてもiCloudのエラーで初期化出来ないこともあります。

パスコードが分からない、または、iCloudでエラーが出る場合は、パスコードを忘れた場合の iPhone の初期化方法を参考にして下さい。

以下は、パスコードを利用した通常の iPhoneの初期化方法の解説です。

iPhone の初期化(リセット)方法

iPhone を初期化(リセット)するには、まず「設定」を開きます。

設定の「一般」を選びます。

画面を下にスクロールして「リセット」を選択します。

「すべてのコンテンツと設定を消去」を選びます。

iPhoneが本体内にある書類などの大事なデータをiCloudにアップロードし始めます。既にバックアップを取っているなら「今すぐ消去」を押して進んで下さい。

大事なデータが残っている場合は「アップロードを完了してから消去」を選択します。

パスコードの入力が求められるので、入力してください。

「iPhoneを消去」を押します。

本当に続けますか? と念を押して聞かれるので、「iPhoneを消去」をもう一度押します。

以上の手順でiPhoneの初期化が開始されます。初期化が終わればiPhone内のデータは完全に消去されます。

初期化したiPhoneは「高額買取りサービス」の「iPhone55」での売却がおすすめです。

初期化された iPhone の復元方法

初期化された iPhone のデータをバックアップから復元するには、iCloud または、パソコンの iTunes を使用します。

最新の iOS のバージョンでデータのバックアップをとっていた場合は、バックアップから復元する前に iOS のアップデートが必要になる場合があります。

iCloud からの復元方法はApple公式サイトに記載されています。iOS のバージョンごとに復元方法が異なります。

iCloud: iCloudからiOSデバイスを復元またはセットアップ

iTunes からの復元方法もApple公式サイトに載っています。以下のページの下の方に書かれています。

iCloud または iTunes で iPhone、iPad、または iPod touch を バックアップして復元する – Apple サポート

iPhone 初期化の前に バックアップを

iPhoneを初期化した後、データを復元するなら、iPhoneのデータのバックアップをとっておきましょう。

念の為に、iCloud、iTunesの両方で最新のデータのバックアップを取っておくと安心です。

初期化や復元の予定がなくても、iPhone が突然壊れてしまった時のために、日頃からバックアップをとっておくと良いでしょう。

iPhoneだけでなく、iPadも初期化・復元したい人は iPad を初期化・復元する方法も記事にしていますので、そちらを参考にしてみてください。

学研まんが NEW世界の伝記1 スティーブ・ジョブズ