PLUS1WORLD

2013年以降 動画コンテンツがより流行ると思う理由

2013-video-time-0023

 皆さんこんにちは、今井阿見です。2012年は「スマートフォン用の無料通話アプリ躍進の年」でしたね。

2013年を迎え、多くの方が今年の流行やトレンドをあれこれ予測しています。2013年は電子書籍元年になるといった予想や、パズル&ドラゴンズ系統のゲームアプリが流行るのではないかという予想など様々なものがあります。

そんな中で、私個人の2013年の流行の予想を立ててみました。10年前に動画サイトをやっていた私としましては、今年からより個人の動画コンテンツがより増える(流行る)んじゃないの? と考えています。なぜ、そういった予測を立てているのか? といった疑問に対して、その理由を幾つかの項目に分けて説明します。

広告

LTE(次世代高速通信)のエリアの拡大

2013-video-time-0032

動画のコンテンツは結構重い!

動画はテキストや画像、音楽のファイルに比べてファイルサイズが大きいんです! ウェブのコンテンツの中で回線の速度の影響をもろに受けるのが動画コンテンツです。昔は携帯電話の回線で動画を見るなんて、ダウンロードに時間がかかりすぎて考えられませんでした!

今では、昔に比べ携帯電話の回線速度も上がり、スマートフォンの普及にともなって携帯電話の大画面化が進み、携帯電話でも動画を見るのが苦ではなくなりました。しかし、快適に視聴できるといえるまでには至ってませんでした。問題は3G回線の速度にありました。

LTE普及元年、大量データもサクサク 2013年ヒット商品予想 (1/3ページ)

私の住んでいる地域ではまだですが、首都圏を中心に「LTE」という携帯電話通信規格に対応したエリアが広まりつつあります。このLTEの回線では従来の携帯電話回線(3G)より高速な通信が可能です。

最近発売された iPhone5 や最新のAndroid端末もこのLTEの回線に対応しており、従来より高速なインターネット通信ができます。2013年はLTEに対応したエリアと端末が両方普及していく年になります。

LTE回線で動画コンテンツもサクサク

ウェブコンテンツの中で、テキストや画像は携帯電話の遅い3Gの回線でも問題ありませんでした。しかし、動画はダウンロードにかかる時間や、回線の遅さによって発生する動画の読み込みがあり、視聴には難がありました。動画を見ている途中で「読み込み遅いからもういいや!」と見ることをやめた経験のある方も多いのではないでしょうか。

これからは、LTEのエリア拡大、対応端末の普及によって、動画コンテンツを以前より屋外で快適に見ることができるようになります。 通勤・通学途中などにスマートフォンやタブレット端末で動画サイトやネットの生放送を見る人もこれから増えていくでしょう。

アプリの充実と7インチタブレットの普及

2013-video-time-0031

動画はやっぱり大きな画面で見たい!

スマートフォンでも動画は見ることができるけど、動画はやっぱり大きな画面で見たいですよね! しかし、iPad は街中に持ち運ぶ端末としては大きく、不便でした。求められたのはより小さいタブレット端末でした。

[エッセイ] Google+, iPad, iPhone, YouTube, コンテンツ, タブレット, ハングアウト, 動画