PLUS1WORLD

Google がスラスラ読めるブログを作る為に構文チェッカーを使おう!

html-5-validator-0002

読める! 読めるぞ!

皆さん、こんにちは。今井阿見です。2日前に、当ブログのデザインを一新しました。WordPressのテーマを作り直し再構築しました。今は新しいデザインとなっています。

読者にとって、ブログを読みやすくするのはもちろんのことですが、今回はGoogleなどの検索エンジンにも読みやすいようにHTMLの構文を大幅にいじりました。

私はWebデザイナーではありませんので、ブログやウェブサイトの構築は本職ではありません。HTMLの知識はそんなにありません。

なので、今回は正しいHTMLの文を書くためにHTMLの構文チェッカーを使いました。

広告

HTMLの構文エラーを減らす

人間にとってブログの読みやすさは、文字の大きさや行の間隔、色や形などのデザインに左右されますが、検索エンジンなどのクローラーは違います。

Googleなどの検索エンジンはロボット(クローラー)を通じてWeb上のコンテンツを収集、インデックスします。

正しいHTMLの文を記述することでウェブサイトに訪れるクローラーに対する読みやすさ「クローラビリティ」が上がります。検索エンジンのロボットがページを読み取りやすくなります。

HTMLに構文エラーがあるかどうかは、ブログを読んでいる人間には分かりません。なので、人間にとっては読みやすくてもクローラーにとっては読みとりにくいブログというのも起こりえます。

つまり、ブログのHTML構文のミスを少なくすることが検索エンジン対策(SEO)となり、Googleなどでの上位表示に繋がります。

HTMLの構文チェッカー

HTML の構文チェッカー

The W3C Markup Validation Service

HTML5 の構文チェッカー

Validator.nu (X)HTML5 Validator

上記の2つのリンク先から、フォームにHTMLの構文をチェックしたいURLを打ち込むことでHTMLの構文をチェックできます。使っているHTMLのバージョンに応じて使い分けましょう。

私が以前、このブログで使っていたWordPressテーマのHTMLの構文をチェックすると、50以上の構文エラーがありました。(^_^;)

構文エラーを確認したらHTMLのタグを修正して、再度構文チェッカーでチェックしましょう。なるべく最終的にHTMLの構文エラー0を目指しましょう!

人もロボットも読みやすいブログに

HTMLの構文エラーを確認する時は、必ず各ページをチェックしましょう。私のブログの場合だとトップページでエラーはなくても、記事ページでは構文エラーが残っていたりとページによってエラーの種類と数が異なっていました。

HTML5でブログを構築するのは初めてでしたが、構文チェッカーを使うことで比較的簡単にHTMLの構文を見直すことが出来ました。構文チェッカーを使えばWebサイト制作をしやすくなります。

まだ自分のブログのHTMLの構文が間違っていないか確認していない方は構文チェッカーで今すぐチェックしてみてはいかがでしょうか? 見直せる箇所があるかもしれませんよ?