iPadの容量不足を解消! 空き容量の確保方法まとめ

ipad-aki-youryo-0001

先日、iPad mini でアプリをアップデートしようとしたらiPad本体の容量不足で更新できませんでした。

知らないうちにアプリやデータが容量を圧迫し、メモリ容量(ストレージ)に空きが無くなっていたんですね。iPadの中身を整理しなければいけません。

以前、iPhoneの空き容量確保方法を記事にしましたので、今回は iPad の空き容量不足の解消方法をまとめてみました。

iPadの容量不足 解消方法まとめ

空き容量不足の対処方法は、パソコンなどを持っていない人のためにiTunesを使わなくても出来る方法を中心にご紹介します!

記事ではiPadでの空き容量確保の話となっていますが、同じ手順でiPhoneの容量不足も解決できます。

容量を圧迫しているアプリを削除

一番手っ取り早いのが、iPadで使用していない容量を圧迫しているアプリを削除することです。以下の手順で容量を圧迫しているアプリを確認できます。

アプリの削除も同じ画面で出来ます。早速やってみましょう。

ipad-aki-youryo-0002

まずは、iPadの「設定」を開きます。

その後、「設定」>「一般」>「iPadストレージ」と移動していきます。

左メニューより「一般」を選択し、「iPadストレージ」または「ストレージとiCloudの使用状況」、「使用状況」を選択。(iOSのバージョンによって表記が異なる)

iOS のバージョンが古い場合は、この後一旦、「ストレージを管理」を選択します。(ICLOUDの方ではありません)

iPadのストレージ管理画面です。

もし「非使用のAppを取り除く」という表示が出ていたら、全く使用していないアプリを削除する機能ですので、使ってみましょう。

「iPadストレージ」の画面では、利用しているアプリが、使用している容量順に表示されます。(アプリ表示までに時間がかかる場合があります)

どのアプリがどの程度iPadの容量を使用しているか確認できます。上にあるほど容量を圧迫しているアプリになります。

今後遊ばないゲームや使わないアプリがあれば、積極的に削除しましょう。この画面で削除したいアプリを選択するとアプリを削除出来る画面に移動します。

アプリを削除すると、そのアプリで使用していたデータも同時に削除されますのでご注意下さい。