PLUS1WORLD

NTTドコモ 国内最速の次世代LTE「PREMIUM 4G」の提供を発表

ntt-docomo-lte-premium-4g-0001

私たちが日頃使っているスマートフォンなどで使用しているLTE回線がさらに速くなります。

ドコモが次世代LTE 新技術で「光並み」実現  :日本経済新聞

NTTドコモ が国内最速となる受信時最大225Mbpsの次世代ネットワーク「LTE-Advanced」を使用した通信サービス「PREMIUM 4GTM」の提供を発表しました。

広告

ドコモ次世代LTE「PREMIUM 4G」提供を発表

「LTE-Advanced」の対応エリアは、全国22都道府県の都市部から開始し、2015年度には、全国主要都市へと順次拡大してまいります。

「LTE-Advanced」に対応する機種は、サービス開始当初は2機種(モバイルWi-Fiルーター)が対応し、2015年度早期に「LTE-Advanced」対応のスマートフォンを発売するなど、順次拡大していく予定です。

なお、ドコモでは、「LTE-Advanced」を使用した通信サービスを「PREMIUM 4GTM」(プレミアム4G)として展開してまいります。

引用元: 報道発表資料 : 国内最速となる受信時最大225Mbpsの次世代ネットワーク「LTE-Advanced」を提供 | お知らせ | NTTドコモ

ドコモの次世代LTEの「PREMIUM 4G」3月27日より提供が開始されます。もうすぐ提供開始ですね!

「PREMIUM 4G」は受信時最大225Mbpsで提供が開始されますが、2015年度内にはキャリアアグリゲーションにより、複数の周波数帯を束ねることで通信を300Mbpsまで高速化を進める予定となっています。

通信の高速化も嬉しいですが、報道発表資料に書かれているこの一文

“通信トラフィックが集中するエリアにおいても、安定した高速通信を提供してまいります”

が嬉しいですね。回線の高速化も大事ですが、やはり回線に繋がらないことを防ぐのも同じように重要です。

サービス対応エリアはドコモの報道発表資料のページの下部に掲載されています。東京都だと、まず 千代田区、港区、渋谷区、新宿区、豊島区 が「PREMIUM 4G」の対応エリアとなるようです。

あくまでも、これはサービス提供開始時の対応エリアなので、順次拡大されます。LTE回線の高速化にこれからも期待大ですね!