PLUS1WORLD

動画広告向け AdWords を使ってYouTubeの動画を宣伝する方法!

adwords-youtube-ads-0010

勉強がてら、YouTubeで自分が過去に投稿した動画を宣伝してみました。

普段はYouTubeでは広告を見せられる側なので、動画広告を見せる側にまわるのはちょっと変わった体験です。

YouTubeで動画広告を出すのに大金は必要なく、少額のお金、数百万円程度でも広告を出すことが出来ます。(少額なので宣伝できる規模は知れていますが)

広告

YouTube 動画広告の種類

YouTubeで利用できる動画広告の種類は3種類あります。

インストリーム動画広告

adwords-youtube-ads-0005

YouTubeで動画を再生する前や長い動画の途中などに表示される動画広告をインストリーム広告と言います。

視聴者が広告を 30 秒間見るか広告をすべて見るまで、広告主には課金されません。

基本的に動画広告再生から5秒経過すればスキップできますが、中にはスキップが出来ないスキップ不可のインストリーム広告もあります。

インディスプレイ動画広告

adwords-youtube-ads-0007

YouTubeの動画再生ページの動画のそばに表示される動画広告をインディスプレイ広告と言います。

ユーザーが動画広告を視聴するよう選択した場合のみ課金されます。

インサーチ動画広告

インサーチ動画広告は、YouTube の動画検索結果ページに表示されます。

ユーザーが動画の視聴を開始した場合にのみ課金されます。

検索キーワードを元に動画広告を表示するので、関心の高い視聴者に動画広告を見せることが出来ます。

YouTube 動画広告の出稿方法

YouTubeで動画広告を出すにはAdWordsアカウントが必要です。

YouTubeから動画広告を出す

YouTubeから動画広告を出すには、まずは動画管理画面に移動します。

adwords-youtube-ads-0008

動画広告を出したい動画の編集ボタンの横にある「▼」ボタンを押してください。

adwords-youtube-ads-0006

「宣伝する」を押して、動画を宣伝の設定をするページヘ移動します。

ここで、いろいろと設定することになりますが、最終的にはAdWordsの管理画面に移動します。

AdWordsから動画広告を出す

動画広告向け AdWords での動画広告の作成 – AdWords ヘルプ

こちらから、AdWordsの動画広告のキャンペーンを作成開始できます。

AdWords から動画広告のキャンペーンを作ったほうがYouTubeからキャンペーンを作るよりも、より細かい設定が出来ます。

あらかじめ、どの動画を宣伝するのか決まっているのであれば、その動画のURLをコピーしてキャンペーン作成時に入力しましょう。

動画広告を出すこと自体は簡単

AdWords で複雑な設定こそあるものの、YouTubeで動画広告を出すこと自体は簡単にできます。個人でも可能です。

ただ、動画広告を出しても、その広告動画自体の出来が悪くてはファンが増えません。広告を出すからには、しっかりと視聴者の心をつかむような動画を宣伝した方がいいでしょう。

力を入れて作った動画をYouTubeでいろんな人に見てもらいたい時は、動画広告向け AdWords を活用して投稿した動画を宣伝してみましょう!