PLUS1WORLD

任天堂はウェアラブルなゲーム機を出してくるのではないか?

nintendo-wearable-0001

今回は私の「任天堂はウェアラブル端末出すんじゃね?」という100%妄想記事です。

本日、任天堂が年内にスマートフォン及びタブレット向けのアプリサービスを提供する事を発表しました。(これはホント)

任天堂、スマホ向けアプリを年内に提供へ ゲーム移植は否定、専用機プラットフォームは堅持 – ITmedia ニュース

現在任天堂は 「Wii U」の販売が低迷するなどして、大幅な赤字に落ち込んでおり、さらにゲームのプラットフォームをスマートフォンなどに奪われつつあります。

任天堂の今回の発表はこれを受けてのものです。

広告

任天堂がスマホでゲームを出すとは考えにくい

任天堂がスマホ向けにアプリを提供するとは言うものの、スマホ向けにゲームを作り始めるよというわけではないようです。

スマートデバイスについて、同社製ゲームの供給について要望が多いことは認識しつつ、「ハード・ソフト一体型のビジネスという任天堂の強みを活かせない場では、任天堂の目標とする規模のビジネスを中長期にわたって持続させることは困難ではないか」と否定。「お客様とのより強いつながりを作る」ためのツールとしての活用を打ち出した。

―― 任天堂、スマホ向けアプリを年内に提供へ ゲーム移植は否定、専用機プラットフォームは堅持 – ITmedia ニュース より

スマホやタブレットを通じて、任天堂のゲーム機以外でもお客さんとのつながりを作ることが目的とのことなので、スマートデバイス向けにゲームアプリを出すという話ではありません。

任天堂は長年ゲームのプラットフォーマーでした。自社のハードが売れることで広がる旨味もよく分かっています。これまで培ってきたプラットフォーム事業をそう簡単に捨てて、他のプラットフォームで勝負することは個人的には考えにくいです。

Apple がゲームのプラットフォーマーに?

任天堂がスマホでゲームアプリを出すにせよ、出さないにせよ、iPhone を市場に送り出しているAppleは AppleTV を通じてリビングルームのゲーム機市場に参入してくる可能性があります。

Apple、Apple TVの新ハードウェア開発中との噂。ネイティブゲームもサポートか | TechCrunch Japan

この場合、任天堂とAppleがリビングルームの主導権闘いをすることになります。

任天堂はiPhoneでゲームを出す場合、競合が出しているプラットフォームでの勝負となるため、不利になります。スマートフォンでゲームを出す事自体が任天堂がこれまで作ってきたお客との関係を壊すことに繋がりかねません。

無難な選択肢を選ぶ任天堂を見たいか?

任天堂はこれまで、ゲーム業界のオピニオン・リーダー的存在でした。現在はその輝きを失っているかもしれません。

任天堂がスマホ向けにゲームアプリを提供すれば、しばらくはそれでお金を稼げるかもしれません。しかし、それは過去の財産を切り売りしているだけです。

すべてのゲームは飽きと戦っている。

アーケードは、インベーダーの飽きをほかのゲームが救い、テトリスが救い、格闘ゲームが救い、プリクラが救った。
コンシュマは、ハードウェアの進化と大容量化が救った。
ネットワークが多くのゲームを救った。
ソシャゲも今、飽きと戦っている。

―― 任天堂の下方修正に思うこととか 島国大和のド畜生 より

任天堂が再び、市場で存在感を示すにはスマートフォンやタブレット端末の存在に左右されない新しい道を示すしかないと思います。

ウェアラブル端末ぐらいしか残ってなくね?

任天堂が今更、スマートフォンやタブレット端末のようなハードを出して勝負するには遅すぎると思いますし、勝負するにしても残された道は限られています。

スマホとタブレットを外した場合、残った選択肢の中で勝負ができそうなハードウェアって、ウェアラブルコンピュータくらいしか残ってないのではないでしょうか。これなら、高性能で勝負する必要はありませんし、任天堂向きかなと。

これからコンピュータ端末は、モバイルが中心になっていきますし、任天堂がウェアラブルなゲーム機を出せば、スマートフォンなどの端末とも相性が良いハードになるのではないかなと思います。

私は任天堂がそのうち、腕時計型のウェアラブル端末を出してくるんじゃないかなと勝手に予想しています。

名称はもちろん「ゲーム&ウオッチ」で。