PLUS1WORLD

TVリモコンとして使えるAndroid(アンドロイド)アプリまとめ

テレビを見たい時に限ってリモコンの電池が切れてて使えなかったり、故障して使えなかったり、見つからなかったりすると番組の視聴に支障をきたします。

そんな時に便利なのが、スマホやタブレット端末で使えるリモコンアプリモバイル端末からテレビを操作出来るようになります。

しかし、Android(アンドロイド)向けのTVリモコンアプリ情報はネットにまとまった情報が少なく探しにくいのが現状です。

そこで今回はリモコンが故障した人向けに、Androidで使える大手テレビメーカーのリモコンアプリをメーカー別にまとめてみました。

Androidで使えるテレビリモコンアプリのまとめ

テレビで使えるリモコンアプリはTVのメーカーによって異なるので、対象メーカーのリモコンアプリをGoogle Playストアからアプリをダウンロードしてください。

東芝「RZハイブリッドリモ」

RZハイブリッドリモ – Google Play のアプリ

レグザリンクのページで紹介されているアプリ『RZハイブリッドリモ』は、スマートフォンやタブレット端末を使って、テレビのリモコン操作が行えるアプリです。

また、ハイブリッドキャスト サービスによる番組情報(ハイブリッドキャストコンテンツ)をスマートフォンやタブレット端末で表示することができます。

ソニー「Video & TV SideView」

ソニーの Video & TV SideView – Google Play のアプリ

Video & TV SideView (ビデオアンドテレビサイドビュー)を使うと、スマホやタブレットでテレビをリモコン操作できます。

アプリに対応したBRAVIA(ブラビア)を持っていれば、家の中でスマホを使って録画予約ができます。

また、テレビ番組表で気になる番組を見つけたり、外出先から自宅にあるソニー製ブルーレイディスクレコーダーやnasne(ナスネ)に録画予約ができます。

対応のソニー製ブルーレイディスクレコーダーやnasneを持っていれば、有料プラグインを追加でインストールすることでスマホ・タブレットでテレビを視聴できます。詳しくは公式ページでご確認ください。

ちなみにソニーは家中のリモコンをひとつにまとめることができるスマートリモコン「HUIS」(ハウス)を開発・発売しています。

パナソニック「TV Remote 2」

Panasonic TV Remote 2 – Google Play のアプリ

「TV Remote 2」を使うことで、無線LAN(Wi-Fi)を経由してスマホやタブレット端末から直感的にビエラを操作できます。

「TV Remote 2 フルモード」なら、スマートフォン内の動画や写真・音楽データもビエラに転送して視聴したり、ビエラを中継して別のスマートフォンに転送・共有して楽しむことができます。

シャープ「AQUOSコネクト」

AQUOSコネクト – Google Play のアプリ

「AQUOS コネクト」を使うことで、無線LAN(Wi-Fi)を経由してスマホやタブレット端末をAQUOSのリモコンとして使用できます。

また、見ている番組のキーワードが自動表示され、テレビ番組、インターネット、録画コンテンツ、VOD(ビデオ・オン・デマンド)を簡単に検索できます。

LG「LG TV Remote」

LG TV Remote – Google Play のアプリ

スマートフォンをリモコン代わりに使用して、LGテレビを操作できます。

LGエレクトロニクスのテレビは付属のリモコン自体が効きが悪いという評判もあるので、上手くいかない時はリモコンアプリを使ってみましょう。

AndroidのTVリモコンアプリを使いこなそう

以上が、東芝、ソニー、パナソニック、シャープ、LGのAndroid端末向けテレビのリモコンアプリのまとめです。

スマートフォンやタブレット端末には基本的に赤外線通信がついてないので、無線通信経由で各メーカーのテレビを操作することになります。まずは、自分の使っているテレビがリモコンアプリに対応しているか確認してみましょう。

アプリによってはリモコン操作だけでなく、番組表機能や録画機能、録画した番組を見る機能などがありますので、各メーカーのアプリの特徴を覚え快適にテレビを視聴しましょう。