PLUS1WORLD

YouTubeを子供に見せたくない! 悪影響が怖い親が取れる対策は?

今月の初めの頃、「YouTubeの粗悪な動画を子供に見せたくない」という話がネットで話題になっていました。

現在、小学生の約半分はYouTubeを見ていると言われ、YouTuberは子供に絶大な人気があります。しかし、あまりにも影響力が強すぎるため子供への悪影響を懸念する親がいるのは当然と言えます。

子供にスマホでYouTubeを見せておけば大人しくなるため子育てにYouTubeを活用している親は少なくありません。しかし、教育やしつけへの影響を考えると後が怖い気がします。

子供がYouTubeの悪影響を受けないためにはどうしたら良いでしょうか? ちょっと対策を考えてまとめてみました。

子供がYouTubeから受ける悪影響を減らすには?

YouTubeは誰でもどんな動画を投稿できてしまうため、悪質なコンテンツは結構な割合で見つかります。

例えば、YouTubeにある動画の中で親が子供に見せたくないのは以下のようなものでしょう。

  • ショッキングな映像(グロ、暴力など)
  • 過激で下品な言葉遣いのコンテンツ
  • 公序良俗に反する動画
  • 性的なコンテンツ
  • 危険行為・脱法行為をする動画
  • 流言飛語・デマを広めている動画

大人でもあまり見たくないこれらの動画。YouTubeの子供への悪影響を懸念するならこれらの不適切なコンテンツを避ける必要があります。

対策1:YouTubeの悪影響を減らす手段2つ

YouTubeで不適切なコンテンツを避ける手段は2つあります。

手段1:「YouTube Kids」を使う

最も、簡単で手っ取り早い方法が「YouTube Kids」(ユーチューブ キッズ)を使うことです。

「YouTube Kids」は子ども向けに開発されたYouTube公式のアプリなので、安心して低年齢の子供に見せられる動画がまとめられています。

時間制限も設定できるため、子供がYouTubeを見すぎてしまうということも防げます。まさに小さいお子さんには最適のYouTube視聴方法です。

手段2:YouTubeに視聴制限をかける

もう一つの手段として、YouTube自体に視聴制限をかけることです。

YouTubeの「制限付きモード」をオンにすると不適切と判断されたコンテンツを含む動画は表示されなくなります。

ブラウザから「制限付きモード」を有効にするには、まずYouTubeの設定のページに移動します。

ページを一番下までスクロールして「制限付きモード」と書かれた部分を押します。