PLUS1WORLD

YouTube「日本の政治チャンネル」を開設 ハングアウトによる生放送も

youtube-japan-seiji-2012

日本の選挙活動における新たな動きです。YouTubeが有権者向けの「日本の政治チャンネル」を公開しました。

YouTubeが公式パートナーの報道機関によって掲載された第 46 回衆議院選挙に関連するニュースの動画や、各政党が YouTube に掲載中の動画を紹介するチャンネル「日本の政治チャンネル:選ぼう 2012」。以下URLよりアクセスが可能です。

http://www.youtube.com/user/jppolitics?feature=inp-bl-JPS

広告

インターネットでの選挙活動の幕開け

Google のようなインターネット企業がこういった選挙活動の後押しを行うのは、インターネットも選挙活動の場としての重要性が増してきたということですね。インターネットの動画サイトでの選挙活動はこれまであまり例がありません。

各メディアのチャンネルや、政党公式チャンネルが一覧で表示されていますので、衆議院選挙のニュースの動画をまとめてみたい人や各政党の活動を動画で確認したい人には便利ですね。

今回の衆議院選挙でGoogleはYouTubeやGoogle+のハングアウトを通じた動画での情報提供に力を入れています。いつも以上の力の入れようです。今回の選挙、Googleはやる気です!

政治家と有権者の距離が身近に

Google Japan Blog: 選ぼう 2012: 選挙情報サイトが正式オープンしました

ちなみに「政治家と話そう」という政治家が有権者の質問に答える生放送が 12 月 14 日(金)に開催されます。インターネットの生放送を通じての質疑応答事例はこれが初ではないでしょうか?

Google+ のハングアウトが政治活動に使われる例となりますので、こちらのイベントも注目ですね。