PLUS1WORLD

ブログ移転やバックアップに! WordPressプラグイン「WP-DB-Backup」

wp-db-backup-0006

最近、このブログのサーバーを移転しました。

当WordPressブログの移転に際して、ブログ記事のデータやブログ内で使っている画像などのファイルは、記事のインポート機能やFTPによるアップロードなどで比較的簡単に行えました。

しかし、MySQL のデータベースの移動は初めてで分かりませんでした。これまでに phpMyAdmin を触る機会が少なかったので、SQLのテーブル、データをインポート及びエクスポートした経験がありません。

phpMyAdmin を使用せずに SQL のデータを気軽にローカルにダウンロード方法はないか模索したところ、とてもいいWordPressプラグインを見つけました。それが、「WP-DB-Backup」です。

広告

SQL データを気軽に保存できる「WP-DB-Backup」

WordPress › WP-DB-Backup « WordPress Plugins

こちらのプラグインをWordPressにインストールするとメニューの「ツール」に「バックアップ」という項目が追加されます。

wp-db-backup-0007

WP-DB-Backup の設定

wp-db-backup-0002

WP-DB-Backup でバックアップするSQLのテーブルの一覧が表示されます。WordPress の主要なテーブルはデフォルトでバックアップされます。

プラグインなどで、作成されたテーブルはバックアップするかしないかチェックボックスで選ぶことが出来ます。

今すぐバックアップする場合

wp-db-backup-0003

データベースを今すぐバックアップしたい場合、バックアップ設定から、バックアップボタンを押すことで、今すぐテーブルをバックアップ出来ます。

保存する前にバックアップファイルをどこに保存するかきちんと決めておきましょう。

wp-db-backup-0004

データベースのバックアップの進捗状況はリアルタイムで表示されます。

日頃のバックアップ設定も可能

wp-db-backup-0005

今すぐではなく、日頃からWordPressのデータベースを定期的にバックアップしたい場合は、定期バックアップの設定を行います。

スケジュールを設定して、どのくらいの頻度でデータベースのバックアップを取得するか、どのテーブルをバックアップするか、設定します。

バックアップファイルはメールで送られてきますので、メールアドレスが間違っていないか確認しておきましょう。

データベースのバックアップを自動化しておけば、色々安心ですね。

「WP-DB-Backup」で移転やバックアップに備える

WP-DB-Backup を使用すれば、WordPressのブログのデータベースを保存することが簡単にできます。

ただ、データベースをインポートすることはこのプラグインでは出来ないので、注意が必要です。データベースのインポートは phpMyAdmin から行います。

テーブルデータのインポート

wp-db-backup-0008

WordPress移転時などは、WordPressをインストールしたタイミングで勝手にテーブルが作られるので、データベースをインポートする前に phpMyAdmin で先にテーブルを削除しておきます。

wp-db-backup-0009

phpMyAdmin でインポートのタブを選び、WP-DB-Backupでバックアップしたファイルをインポートします。

私のブログはこの方法で、何の問題もなくWordPressのブログの移転が出来ました。

「WP-DB-Backup」はWordPressのブログの移転や、バックアップの強化を考えている方にはおすすめのプラグインです! 気軽にWordPressのデータベースのバックアップをしたいと考えている方はこのプラグインを試してみてください!