PLUS1WORLD

【確定申告】個人向けクラウド会計ソフトを比較してみた【青色申告】

aoiro-cloud-0001

確定申告の季節がやって参りました。面倒くさいですよねー、確定申告。

私は、去年に個人事業主の開業届を出したので、昨年度分は白色申告で済みましたが、今年度分の売り上げはしっかりと青色申告をしていかなければなりません。

とは言うものの、確定申告や税金に関する知識が希薄、簿記の経験もないので色々と不安です。

そこで、最近広まりつつある、個人事業者向けクラウド会計サービスを使ってみることにしました。

広告

確定申告用クラウド会計ソフト比較 おすすめは?

パソコンにインストールして使う個人事業主向けの確定申告用ソフトは既に様々な種類の物が世に出回っています。

しかし、確定申告に対応したクラウド型の会計ソフトは比較的最近本格的に始まったサービスなので、あまり種類はありません。

現時点で個人事業主向けの青色申告対応クラウド会計ソフトは「freee(フリー)」「やよいの青色申告 オンライン」「MFクラウド確定申告」の3つが有名です。

なんで、インストール型のパソコン用会計ソフトじゃなくて、クラウド会計ソフトを選ぶのか? と思われる方もいると思います。

その答えは「スマートフォンやタブレット端末からもアクセスできる」からです。

私は、日々の記録を帳簿を残すために、毎回パソコンを起動するのが面倒だと考えています。

最近は、パソコンよりもスマートフォンをいじっている時間のほうが長いですから、スマホで経費などの会計の記録を取りたいわけです。それにはクラウド型の会計ソフトが適しています。

またクラウドサービスであれば、パソコンが壊れた際にデータを失うリスクも無くなります。

現在、個人事業主向けの青色申告対応クラウド会計ソフトは発展途上ですが、現時点(2015年2月10日)で「freee(フリー)」「やよいの青色申告 オンライン」「MFクラウド確定申告」の3つの内のどこが一番良さそうなのか調べてみました。

freee(フリー)

aoiro-cloud-0002

会計ソフト「freee(フリー)」|全自動のクラウド会計ソフト

最近知名度が上がっている会計ソフトそれが「freee(フリー)」です。

料金は、個人事業主 年払い だと 9,800円/年。3つのサービスの中で一番料金が高いです。

ここの特徴は「全自動のクラウド会計ソフト」を謳っているところです。

触っていると確かに全自動を謳っているだけあって、ユーザーが帳簿をつけていく労力が可能な限り減るように作られています。

そして、スマートフォン向けアプリも用意されており、クラウド型会計ソフトの利点を最大限に発揮しています。

会計アプリ freee(フリー) – 経理や確定申告・決算が簡単になる全自動のクラウド会計ソフト – freee k.k.

経理アプリ freee(フリー)- 会計・確定申告が簡単に。 – Google Play の Android アプリ

[Webサービス] ビジネス, 税金, 資産