PLUS1WORLD

【花粉症対策】最新の薬,グッズ,予防法 のまとめ

kahun-syo-taisaku-0001

うっ! 目と鼻がヤバイ! 日本国民を悩ませる花粉症の季節が到来しました。

花粉が飛び始める時期は地域によって異なり、住んでいる地域で花粉がいつから飛散するのかは以下のページで確認できます。

日本全国花粉飛散予測|花粉症ナビ

私の住む関東甲信越地方は2月中旬から花粉が飛散すると予測されています。

私も毎年のように花粉症には悩まされています。薬などで治療をしてもなかなか鼻炎・鼻水・鼻づまり・目の痒みなどの症状が収まりません。

ということで、花粉症対策に最新の花粉症対策グッズや薬、予防法の情報を集めてまとめてみました! 花粉症に悩まされている方はご参考にどうぞ!

広告

花粉症対策 最新の薬,グッズ,予防法 のまとめ

花粉症 の新薬「シダトレン」

まずは、花粉症対策に使えそうな新薬からご紹介。

これまでの花粉症に対する薬は、鼻炎や鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどの諸症状を一時的に抑えるというのが、主流でした。

そういった、花粉症に対する対処療法を根本的に変える、新しい新薬が昨年10月登場しました。それが、「シダトレン」です。

花粉症などのアレルギー症状は、アレルギーの原因物質(アレルゲン)が体に入って、IgE抗体と呼ばれる物質と結合。ヒスタミンなど、さまざまなアレルギーを引き起こす化学伝達物質が作られる。新薬は、この原因物質であるアレルゲンを毎日少量、舌下に投与し続けることで、体をアレルゲンに慣らしてアレルギー症状を和らげるというコンセプトで、「舌下免疫療法」と呼ばれている。

平たく言えば、「たとえばこれまで10粒の花粉で症状を発症していたが、100粒まで耐えられるように、患者さんの体を変えていく治療法」(大久保教授)だ。

―― 花粉症治療に根治も期待できる新薬登場 12月に治療開始で「飛散量が倍」の来春に効果も|男の健康|ダイヤモンド・オンライン より

要するに、体を花粉に対するアレルギー反応にあらかじめ慣らしておくということですね。

花粉症シーズンが始まる前からやっていなければならない治療法ですが、毎年アレルギー性鼻炎などの重い症状に悩まされている方は来年からでも、試しにこちらの薬を処方してもらえる病院を探してみてはいかがでしょうか。

花粉症対策グッズ

USB花粉ブロッカー

B00HYT8AT8

サンコ- USB花粉ブロッカー USPOLBLK

昨年話題になった商品。USB電源で動作する、重さ194gのフィルターと一体型のフードです。

見た目がハチ駆除時に使う防護服みたいな感じだけあって、しっかりと外気をシャットアウトし、花粉を99.99%カット。花粉からあなたを守ってくれます。

上部にはファンとフィルターが入っているため、マスクが曇ったり、息苦しくなることを防ぎます。

家から出ることが少なく、パソコンの前で座っている時間が多い方にはおすすめの商品です。

イハダ アレルスクリーン

B00S1Z6N9S

イハダ アレルスクリーン 50g

化粧水感覚で気軽に使える花粉対策グッズがこちら。メイクの上から使える花粉対策商品「イハダ アレルスクリーン」です。

成分は天然温泉水配合で皮ふアレルギーテスト済み。スプレーするだけで、花粉、PM2.5を肌と髪に寄せ付けません!

特許技術を取得した反発イオン技術が、花粉を反発・吸着防止します。

諸事情で花粉対策にマスクやメガネが使えない方はこの特許技術を取得した花粉対策スプレーを試してみてはいかがでしょうか。

加湿空気清浄機 F-VXJ50-W

B00ES83FAM

Panasonic【PM2.5対応】加湿空気清浄機 ナノイー搭載 24畳相当 ホワイト F-VXJ50-W

フィルター10年 交換不要! ずぼらな人におすすめの加湿空気清浄機、Panasonic の「F-VXJ50-W」です!

一昨年に発売された商品ですが、現在でも評価が高く、強力な空気清浄機能を備えています。もちろん花粉にも効果あり。

お出かけ中に空気中のホコリを掃除してくれる機能が素晴らしく、日頃から鼻炎に悩まされている人には高い効果が期待できます。

PM2.5にも対応しており、粒子を99%キャッチしてくれます。エコナビがついていますので、無駄な運転を省いて節電してくれます。

花粉症の最新の予防法

B0053EB7FA

調べてみて意外だったのは、近年 花粉症対策として「バナナ」が注目されていることです。意外な予防法ですね。

バナナを食べることで、スギ花粉によるアレルギー反応の抑制に効果があるとのこと。とくに「くしゃみ」が抑えられるそうです。驚きですね。

バナナのスギ花粉症予防効果(研究紹介) | バナナ大学

実験ではバナナを1日200g(約2本)食べ続けることで、花粉症のくしゃみ症状の緩和が確認されています。

バナナは抗酸化作用や免疫活性化作用がありますから、健康のためにもこれからバナナを食べる習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

最新の花粉症対策を試して乗り切ろう

花粉症の対策グッズ、薬、予防方法を調べてみると、いろいろと新しいものが生まれているということが改めて分かりました。日々進化しているんですね。

今年の花粉の飛散量は昨年よりも多いと言われています。全国的には3月がピークとのこと。

花粉症自体はこの日本から無くなりそうにないので、日本に住んでいる以上、花粉症対策を講じる必要があります。

マスクや目薬といった一般的な花粉症対策で対処しきれなくなってきたら、今回ご紹介した花粉症対策を試してみてください。

また、「こんな、良い花粉症対策があります」という情報がございましたら。この記事ページの下にあるコメント欄から教えていただけると幸いです。