PLUS1WORLD

Nintendo Switch の実況付き生放送配信には「AVT-C878」がおすすめ

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)で対戦できるゲームが増えていくに従い、そのゲームプレイの様子をライブ配信(生放送)したいと考えているゲーマーも増えているのではないでしょうか。

実際、ゲーム動画のライブ配信の人気は高まっていて、YouTube Gaming や Twitch、OPENREC.tv などの、ゲームのライブストリーミング(生放送)専門のサービスの利用も広がっています。

とは言うものの、ゲームを実況配信したいけど、生放送配信が出来るほどの処理能力があるパソコンを持ってないよという方は多いと思います。

今回は、そういった人向けの、ゲームのライブ配信や画面録画に特化した機器である、AVerMedia の「AVT-C878」というキャプチャーデバイス(録画機器)を紹介したいと思います。

広告

実況つき生放送が簡単に配信できる「AVT-C878」

こちらが AVerMedia の AVT-C878 です、いわゆるキャプチャーデバイスです。ゲーム画面の録画に特化した機器です。

「AVT-C878」の最大の特徴は、この機械を経由してゲームのライブ配信(生放送配信)が出来るという点です。

ライブ配信の最高画質は1080pのHD画質で、フレームレートは60fpsです。回線速度さえあれば、ゲームの映像をカクつくこと無く美しいままで配信できます。

「AVT-C878」はパススルー機能に対応しており、録画・配信をしていても画面の遅延が発生しないため、快適にゲームプレイが出来ます。

Nintendo Switch は著作権保護技術であるHDCP機能を搭載していますが、Nintendo Switchで販売されているゲームは基本的にHDCPによる保護が行われていないため、特に何もしなくてもNintendo Switchのプレイ画面は録画&ライブ配信できます。

「AVT-C878」の外観と付属品

「AVT-C878」のパッケージ箱と本体と付属品の外観です。箱のフタは中身が取り出しやすいように一部がナナメにカットされています。

「AVT-C878」本体です。片手で持てるサイズで、本体重量は約185.5g です。Nintendo Switchよりも軽いです。

そしてこの大きさなら、Nintendo Switchの近くにおいても邪魔になりません。家庭用ゲーム機を複数所有している人にとっては、置き場所に困らないキャプチャーデバイスは非常に便利です。

本体を横から見ると、このような山形のデザインとなっています。頂点部分が尖っていないため、間違って踏んでも怪我をしにくいデザインになっています。

「AVT-C878」には、HDMIケーブル 、USB 2.0ケーブル 、3.5mmステレオオーディオケーブル(4極) が付属しています。

広告

[ガジェット レビュー] Twitch, YouTube, ゲーム, 動画, 生放送