PLUS1WORLD

Google+ でメンションを送る3つの方法

google-plus-mentions-0007

 Google+ では投稿やコメントでメンション(リプライ)を送ることができます。

メンションを送ると送った相手に対して、通知が飛びます。会話に誘いたい場合や、相手に気づいて欲しい際にメンションは便利です。

メンションを使えば、誰に対して投稿やコメントしているのか明白になるため、通知以外のコミュニケーション目的でメンションを使う場合もあります。

Google+ でメンションを送る方法をご存じない方向けに、Google+ でのメンションの使い方を解説します。

*注意 メンションとリプライは若干意味合いが異なりますが、ややこしくなるため便宜上どちらもこの記事では「メンション」と呼ぶことにします。

広告

Google+ でメンションを送る3つの方法

1:投稿のコメント欄からメンションを送る

google-plus-mentions-0004

Web の Google+ の投稿のコメント欄にて、メンションを送りたい相手のコメント欄にマウスカーソルを合わせると「返信」ボタンが出現します。

google-plus-mentions-0005

返信ボタンを押すと、コメント欄にメンションが追加されます。(ただし、コメント欄を既に開いている場合は追加されません)このままメッセージを追加しコメントを投稿することで、相手にメンションが送れます。

2:+名前、@名前 でメンションを送る

google-plus-mentions-0002

「返信」ボタンでは、その投稿にコメントしていない相手にはメンションが送れません。

また、複数のユーザにメンションを送りたい場合は自分で入力する必要があります。

+ユーザ名 を投稿またはコメント欄に入力すると、その名前と関連したユーザが表示されます。メンションを送りたい相手を選ぶことでメンションを送ることができます。

なお、名前の入力途中でも候補が次々表示されますので、対象のユーザを見つけたら選択しましょう。

google-plus-mentions-0003

+ だけでなく、 @ユーザ名 でもメンションを送ることができます。

好きな方を使いましょう。

3:+ユーザID でメンションを送る

ほとんど使い道はないのですが、 +ユーザID でもメンションを送ることができます。

ユーザID は自分自身のGoogle+プロフィールのURLから導き出せます。

https://plus.google.com/u/0/100100346574748955254/posts

私の場合だと 100100346574748955254 の部分がユーザIDになります。

なので、 +100100346574748955254 と入力すると、投稿後 +今井阿見 に自動で変換されメンションを送ることができます。

これになんの使い道があるのかというと、この方法を使えばGoogle+ ではない外部のサービスからもメンションを送ることができます。

google-plus-mentions-0008

Flipboard(iPhone)からこのように入力して投稿した場合。

google-plus-mentions-0001

+ユーザID の方はちゃんとメンションになりますが、+ユーザ名の場合はメンションになりません。

非常に限られたシチュエーションですが、+ユーザID には一応の使い道はあります。

Google+ でメンションを送ってみよう

いかがでしたでしょうか。Google+ メンションの送り方を3つ紹介してみました。

Google+ ではメンションは頻繁に使われる機能ですので、Google+ ビギナーから、ある程度Google+を使い慣れてきた方の参考になれば幸いです。