PLUS1WORLD

妄想が膨らむ…! 軍艦島(端島)を3Dモデルで再現した動画

hashima-3d-0003

皆さんは「端島」を知っていますか?

長崎県の端島(はしま)は、通称「軍艦島」と呼ばれ、かつて炭鉱で栄えた島です。

今では廃墟となっていますが、軍艦に似たその形や異様に密集した鉄筋コンクリートの集合住宅が印象的で、よく映画やドラマ、漫画などで舞台として登場します。

最近では、映画 007 スカイフォールのデッドシティのモデルにもなりました。

その軍艦島が長崎大学の軍艦島プロジェクトによって、測量され3DCG化されました。

広告

軍艦島(端島) 3Dモデルで再現

「軍艦島3DCG(立体映像)」は同センターがこれまで培ってきた計測技術を応用したもので、無人飛行機を使った空撮を含む約2万8千枚の写真と、約145箇所でのレーザー計測を組み合わせる事で完成させました。

軍艦島プロジェクト | インフラ長寿命化センター(長崎大学)

無人飛行機を使って撮影された空撮写真約2万8000枚と145箇所のレーザー計測を組み合わせて完成させた「軍艦島」の3DCG映像です。端島の外観を丸ごと三次元データ化しています。

この技術を応用することで「大規模な歴史的構造物の劣化過程を正確に記録する」ことが可能になるそうです。すごいですね。

映像はCGとは思えないほど見応えがあります。観光で撮った映像だと言われたら気づかないかもしれません。

3DCG のメイキング映像もYouTubeで公開されています。空撮にはドローンも活用していることが分かります。

軍艦島は今、世界遺産登録に向けて動いており、今年の夏には決定する見通しとなっていて関心が集まっています。

4861991811
軍艦島 全景