連射機能が便利!『ホリパッド for Nintendo Switch』の購入レビュー

タグ: ガジェット, ゲーム, コントローラー, レビュー, 任天堂

先日、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の新しいコントローラー『ホリパッド for Nintendo Switch』を購入しました。

Nintendo SwitchのProコントローラー よりも機能は劣りますが、値段も安く、純正コントローラーには無い機能もあります。

ホリ(HORI)は古くから任天堂やゲーム機の関連商品を作ってきていますし、『ホリパッド for Nintendo Switch』は任天堂ライセンス商品なので、信頼感があります。

今回は『ホリパッド for Nintendo Switch』を実際に購入して感じた使い心地や感想などをレビューで伝えていきたいと思います。

ホリパッド for Nintendo Switch 購入レビュー

現在、ホリパッドに限らず、Nintendo Switch関連のコントローラーは全体的に品薄で、ネットでは ホリパッド for Nintendo Switch も定価(税込¥3,218)では入手困難です。

私は、入手困難なホリパッドを家電量販店で定価以下の価格で買いました。電気屋で買うのが一番手っ取り早く安いです。ホリパッドも電気屋で買いましょう。

ホリパッド 商品外観

ホリパッド for Nintendo Switch の外箱は Proコンの外箱よりも大きめです。

ホリパッド for Nintendo Switchは有線のコントローラーなので、Proコンよりも収納が不利なのは仕方ありません。

ホリパッド for Nintendo Switch のコントローラー本体です。コード部分は取り外しできません。

差し込み部分は先端がUSBになっており、これをNintendo Switch のドックに挿して使います。ホリパッドをNintendo Switch に直接挿して使うことは出来ません。

ホリパッド for Nintendo Switch の外箱の中には、注意書きと簡単な取扱説明書が入っています。注意書きにも書かれているとおり、Nintendo Switchの本体を最新のバージョンに更新しないと使えません。

本体の更新方法が分からない人は、Nintendo Switch の本体システムの更新方法 のページを参考にして下さい。

ホリパッド と Proコンの違い

ホリパッド for Nintendo Switch は Nintendo SwitchのProコントローラーと比べて大きく機能が削減されています。

具体的には

  • ジャイロセンサー
  • 加速度センサー
  • HD振動(振動機能自体が無い)
  • NFC(近距離無線通信)
  • モーションIRカメラ
  • プレイヤーランプ
  • おしらせランプ

がありません。

それに加えて、有線接続のコントローラーです。Nintendo Switch のドックに挿して使う必要があるため、TVモードでしか使用できません。要するに据え置きで使うことが前提です。

このコントローラーでは、ゼルダ BotW、マリオカート8DX、ARMS、スプラトゥーン2などのゲームで一部の操作に制限を受けたり、HD振動を使用できないため、ゲームを100%楽しめない可能性があります。

ホリパッドで自分の持っているゲームが遊べるかどうかチェックできる対応表こちらで公開されています。

ホリパッドを使うメリット

純正コントローラーと比べるとナイナイ尽くしのホリパッドですが、悪いことばかりではありません。純正コントローラーにはない利点が2つあります。

  1. 連射/連射ホールド機能
  2. 十字ボタンつけ外し機能

特に連射機能は、このコントローラーの目玉と言ってもいい機能です。

ホリパッドの連射機能

コントローラーの中央に連射用のボタンがあり、Aボタン / Bボタン / Xボタン / Yボタン / Lボタン / Rボタン / ZLボタン /ZRボタン / 方向ボタン(十字キーの上下左右)を連射、または連射ホールド状態にできます。

連射はボタンを押してるときだけ連射、連射ホールドはボタンを押していなくても連射状態になります。複数のボタンを同時に連射に指定可能です。

連射の速度は秒間約5、12、20回の3段階から選択できます。ボタン連打が苦手な人には、連射機能は間違いなく便利な機能です。

十字キーの取り外し

ホリパッドは十字ボタンの付け外しができ、十字ボタンを外すと方向ボタンで遊ぶことができます。

十字キーは下からめくるようにすると取り外せます。

十字キーを取り外すと方向キーが現れます。ホリパッドの方向キーはこのような丸ボタンです。

外した十字ボタンは背面に収納することができます。外した十字キーが邪魔になったり、十字キーを無くしたりすることはありません。

方向ボタンの何が便利なのかというと、十字キーでは不可能な、上下キーの同時押しや左右キーの同時押しが可能になる点が便利です。

役に立つ場面は少ないですが、ゲームによっては有効性があるかも知れません。

Proコンと比べて操作感はどうなのか

私は任天堂純正コントローラーのNintendo SwitchのProコントローラーも所有しています。

『Nintendo SwitchのProコントローラー』と『ホリパッド for Nintendo Switch』の2つのコントローラーを比較した結果、やはり操作性はProコントローラーの方が上でした。

ホリパッドには振動機能が自体が無いため、振動がゲームプレイに影響を与えるゲームは遊ぶ時に当然不利になります。

ホリパッド for Nintendo Switch は普段自分が使うコントローラーとしてではなく、友だちが来た時に一緒にマリオカートする際に使ってもらうコントローラーとして所有するのなら便利だと思います。

連射機能でゲームを効率化出来る

ホリパッド for Nintendo Switch を使えば、連射ホールド機能を使って特定のゲームを自動でプレイすることが可能になります。

私は連射機能で『ARMS』というゲームのコイン稼ぎを自動化しました。

そのやり方は、ここで説明するには長いので 【ARMS】全自動で効率よくコイン稼ぎをする方法 という記事にまとめています。

この方法を使えば、バレーボール開始時のアーム選びや、バレーボール終了時の試合再開選択がホリパッドで自動化されるため、完全に放置状態でコインが稼げます。

このようにゲームによってはホリパッドを持っていることで、ゲームを有利に進めることが出来るようになります。連射機能はプレイを自動化するのに必須ですね。

ゲーマーならホリパッドとProコンの両方を購入を

以上が、『ホリパッド for Nintendo Switch』を購入しての私の感想とレビューです。

マイナス要素として捉えがちな有線で振動機能なしという点は、充電が面倒だと感じている人や振動でコントローラーを机から落とした経験のある人にはマイナス要素とは言い切れません。欠点も使い方次第で長所になります。

ホリパッドとProコンの両方に利点と欠点があります。普段使いをProコンにして、必要な時にホリパッドを使うのが最適と言えるでしょう。

私は実際両方使ってみて、ホリパッドとProコンの両方を持って使い分けている人こそが、最もゲームを有利に進められると感じましたのでゲーマーなら両方買っておくのが正解だと思います。

【Nintendo Switch対応】ホリパッド for Nintendo Switch