PLUS1WORLD

芸能人も被害に! Instagram乗っ取り対策と乗っ取られた時の対処方法

芸能人で有名な「志村けん」さんのInstagramアカウントが、今月19日に第三者から不正ログインされた所属事務所が発表しました。

過去にタレントの渡辺直美さんもInstagramの乗っ取り被害にあっており、投稿した写真を全て消されるという被害にあっています。

Instagramの乗っ取りは芸能人だけに限らず、一般のユーザーでも起こりますので他人事ではありません。乗っ取られる前にきちんと対策を取りましょう。

今回は、誰でも今すぐ実行できるInstagram(インスタグラム)乗っ取りの対策と乗っ取られた時の対処方法をまとめてみました。

広告

Instagram 乗っ取り対策のまとめ

パスワードを使い回さない

Instagramに限らず、乗っ取りの被害の原因となりやすいのが「パスワードの使い回し」です。

複数のWebサービスで同じメールアドレスやアカウント名、パスワードを使っていると、どれかのアカウントが乗っ取られてしまったら、芋づる式にInstagramアカウントも乗っ取られてしまう可能性があります。

最近では米ヤフーが10億人分の個人情報流出しており、大企業のサービスであっても自分のアカウント情報が漏れることはあります。

Webサービスやアプリで同じメールアドレスやアカウント名を使用しているなら、パスワードは必ずそれぞれ異なるものを設定しましょう。

パスワードを強固にする

せっかくInstagramで個別のパスワードを設定しても、そのパスワードが破られやすいパスワードだと意味がありません。

不正ログインを防ぐには、強固な破られにくいパスワードを設定することが重要です。

破られにくいパスワードにするには、

  • パスワードをランダムな英数字にする
  • 短いパスワードを使わない
  • 自分の名前、生年月日、アカウント名、所属しているグループなどの情報をパスワードに使わない

などのルールを守る必要があります。

自分でパスワードを考えるのが面倒だという人はパスワード生成サービスを使うのがおすすめです。

強固なパスワードをInstagramに設定しましょう。

2段階認証を有効にする

2段階認証を使用するには電話番号が必要ですが、2段階認証を設定しておけば、Instagramアカウントのパスワードが漏れてしまっても、不正ログインを防ぐことが出来ます。

InstagramのiPhoneアプリ、Androidアプリ、それぞれでの2段階認証の設定を方法を解説しておきます。

iPhoneアプリからの2段階認証の設定

Instagramアプリで自分のプロフィールのページを開き、右上の歯車マークから「オプション」へ移動します。

広告

[Instagram] SNS, まとめ, セキュリティ, ノウハウ, 不正, 写真