PLUS1WORLD

iPhoneのバックアップ方法 – iCloudでのデータ保存のやり方

iphone-backup-icloud-0001

皆さん、iPhoneのバックアップデータとってますか?

iCloud が登場するまではiTunesを使える環境(パソコン)がないとiPhoneのバックアップを取ることが出来ませんでした。しかし、今ではWi-Fiの環境があればiCloudで簡単にiPhoneのバックアップを作成することができます。

iPhoneのバックアップをとっておけば、iPhoneを買い替えたり、紛失した時のデータの復旧に役立ちますので、iCloudでバックアップするための設定をしておきましょう。

バックアップのとり方が分からないという人のために、今回は iCloudを使った iPhoneのバックアップ方法 を解説します。

広告

iPhoneのバックアップ方法 – iCloud

iphone-backup-icloud-0002

iCloudでiPhoneのバックアップを取るには、まず「設定」を開きます。

iphone-backup-icloud-0003

設定画面を下にスクロールして「iCloud」を選択します。

iphone-backup-icloud-0004

画面を下にスクロールして「バックアップ」を選択します。

iphone-backup-icloud-0005

iCloudバックアップの項目が「オフ」になっていれば「オン」に変更します。既にオンになっている場合は変更の必要はありません。

「オフ」から「オン」に変更する際に、パスワードの入力が求められたら入力して「オン」に変更しましょう。

iphone-backup-icloud-0006

iCloudバックアップが「オン」になっていることを確認したら、「今すぐバックアップを作成」を押します。

iphone-backup-icloud-0007

バックアップの作成が開始されます。

Wi-Fiの回線速度、バックアップデータの容量によって、バックアップにかかる時間は変わってきます。

iphone-backup-icloud-0008

バックアップの進行状況を表示するバーの表示が消え、バックアップの終了時間が更新されていれば、iCloudでのiPhoneのバックアップは完了です。お疲れ様でした。

iCloud でiPhoneのバックアップを取ろう

一度、iPhoneの設定をしておけば、Wi-Fiに繋がった状態でiPhone充電中(ロック状態)になるたびに自動でiPhoneのバックアップが作成されるので便利です。

パソコンがなくて、iPhoneのバックアップが出来ないと思い込んでいた方も、Wi-Fi環境があればiCloudでバックアップが出来ますので、いざという時のためにバックアップデータを保存しておきましょう!

バックアップデータをとっておけば、iPhoneの調子が悪くなってしまった際にも、以前のデータを復元できるので安心です!