PLUS1WORLD

iPhoneのバッテリー交換プログラムで電池交換してみた

あなたはiPhoneのバッテリー交換をしてもらったことはありますか? 私はこれまでiPhoneの電池を交換してもらったことは一度もありませんでした。

Appleは今月末(2018 年 12 月 31 日)までの間、 iPhone 6 以降のモデルのバッテリー交換を3,200 円(税別)で行うサービス(プログラム)を行っています。

これを逃すと、来年以降のバッテリー交換はiPhone X の料金が 7,800 円に、その他すべての iPhone モデルの料金が 5,400 円に改定されます。通常より安い料金で電池交換したいなら今しかありません。

私は数日前に、実際にバッテリー交換プログラムを受け、電池を交換をしてもらいました。年内にiPhoneの電池交換を考えている人向けに記事を書き残しておきます。

iPhoneの電池交換プログラムを使ってみた

そもそも何で年内なら電池交換が安いのか

iPhoneのバッテリー交換が安く受けられるのはAppleが行った バッテリーの経年劣化に対する処理へのお詫び の影響です。なので、来年以降はバッテリー交換は通常の価格に戻ります。

実は私は一度今年の夏にアップルストア銀座に行き、電池交換をしてもらいにいったことがあります。しかし、激混みだった上に予約をしていなかったので、何時間待ちという状態でした。

やはりバッテリーの交換料金が安くなると人が殺到するんですね。私はその時はそんなに待てなかったので電池交換を一旦は諦めました。

それからしばらく経って、今年も終わりに近づいてきた上にiPhoneのバッテリーの減りも早くなってきました。なので、今度こそiPhoneを電池交換してもらおうと決意しました。

しかし、既に電池交換プログラムは超満員という報道がされている通り、各Apple Storeや正規サービスプロバイダで全く予約が取れませんでした。(予約は全て埋まっている)

なので、予約無しでAppleの正規サービスプロバイダに行くことにしました。

バッテリー交換前に準備しておくと良いもの

iPhoneのバッテリー交換はあらかじめ色々と準備しておくと手続きがスムーズに進みます。事前に必要そうな準備をまとめました。

iPhoneのデータのバックアップ

iPhoneのデータのバックアップは必ずとっておきましょう。店頭でも必ずバックアップをしたか聞かれます。

iCloudでのバックアップ方法はこちらiTunesでのバックアップ・初期化・復元についてはこちらを参考にしてください。

「iPhoneを探す」機能をオフに

iPhoneの機能のうちの一つ「iPhoneを探す」機能をオフにしましょう。(オフにできない場合は修理を受け付けてもらえません)

iPhoneを探す機能は盗難防止用の機能でアクティベーションロックとも呼ばれています。「iPhoneを探す」機能をオフにする方法はこちらを参考にしてください。

ついでにSuicaもオフに

こちらは特に店の人にやっておくように言われませんでしたが、私は電池交換が失敗し本体が故障した場合に備えて、iPhoneのApple Payに設定しているSuicaをiCloud(Apple ID)に退避させておきました。

SuicaをiCloudに退避させる方法はこちらを参考にしてください。

時間が分かるものを持っておく

当然ながら、iPhoneをバッテリー交換してもらっている間は手元にiPhoneはありません、時間が分かるものがないと不便です。

なので腕時計や別のスマホなど、修理に出すiPhone以外の時間の分かるものを持っておきましょう。

実際のバッテリー交換レポート

私はちょうど池袋に用事があったので、Apple正規サービスプロバイダ「カメラのキタムラ 池袋マルイ」に行きました。マルイの建物の2階にあります。

店の開店と同時に受け付けに行きましたが、「全時間帯が予約の客で埋まっているため、キャンセルで空きが発生しないと対応できません」と言われました。既に予約で埋まっているので当然ですね。

同時にAppleに直接iPhoneを送ってのバッテリー交換を勧められましたが、面倒で時間もかかるため、整理券を受け取って予約した人のキャンセル待ちをすることにしました。

2時間くらい待つことを覚悟していましたが、運良く待ち時間20分でスタッフが空き、バッテリー交換の対応をしてもらえました。整理券を一番最初に貰っていなければ、どのくらい待つことになったのか検討もつきません。

iPhoneのバッテリー交換は事前にバックアップなどを準備していた上に、バッテリー以外の不調もなかったのでスムーズに手続きが完了しました。書類にサインした後、バッテリー交換作業で30分待つことになりました。

待つ間は暇だったので池袋マルイの建物内を散策しました。

池袋マルイの7Fのフロアでアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の展示を発見。(詳細)同作品の原画や設定画が展示されていました。

展示は無料で見れる上に写真撮影もOKでした。(この時はiPhoneはバッテリー交換中だったので後で写真を撮りました)

バッテリー交換している間、どうやって時間を潰すか事前に決めておくと良いと思います。

30分暇をつぶした後、特にトラブルなく iPhoneのバッテリー交換は完了しました。料金は3,456円(税込み)。料金の支払いは現金、クレジットカードどちらも使えるようでした。私はクレジットで払いました。

iPhoneの設定画面からバッテリーの状態を確認するとバッテリーの最大値が100%になり、ピークパフォーマンス性能も使えるようになっていました。

バッテリー交換はキチンと行われていることが分かりますね。無事終わってよかったです!

iPhoneの電池交換を安く受けるには今しかない

以上が、私のiPhoneのバッテリー交換プログラムを利用した際のレポートです。なんとか今年中に電池交換できてホッとしています。

Apple Storeや正規サービスプロバイダで予約が取れていなくても、運が良ければ電池交換をしてもらえることが分かりました。

この記事が店の予約が取れなくて諦めていた人や、バッテリー交換を行ったことがない人の参考になれば幸いです。