PLUS1WORLD

iPhoneのバッテリー交換プログラムで電池交換してみた

あなたはiPhoneのバッテリー交換をしてもらったことはありますか? 私はこれまでiPhoneの電池を交換してもらったことは一度もありませんでした。

Appleは今月末(2018 年 12 月 31 日)までの間、 iPhone 6 以降のモデルのバッテリー交換を3,200 円(税別)で行うサービス(プログラム)を行っています。

これを逃すと、来年以降のバッテリー交換はiPhone X の料金が 7,800 円に、その他すべての iPhone モデルの料金が 5,400 円に改定されます。通常より安い料金で電池交換したいなら今しかありません。

私は数日前に、実際にバッテリー交換プログラムを受け、電池を交換をしてもらいました。年内にiPhoneの電池交換を考えている人向けに記事を書き残しておきます。

iPhoneの電池交換プログラムを使ってみた

そもそも何で年内なら電池交換が安いのか

iPhoneのバッテリー交換が安く受けられるのはAppleが行った バッテリーの経年劣化に対する処理へのお詫び の影響です。なので、来年以降はバッテリー交換は通常の価格に戻ります。

実は私は一度今年の夏にアップルストア銀座に行き、電池交換をしてもらいにいったことがあります。しかし、激混みだった上に予約をしていなかったので、何時間待ちという状態でした。

やはりバッテリーの交換料金が安くなると人が殺到するんですね。私はその時はそんなに待てなかったので電池交換を一旦は諦めました。

それからしばらく経って、今年も終わりに近づいてきた上にiPhoneのバッテリーの減りも早くなってきました。なので、今度こそiPhoneを電池交換してもらおうと決意しました。

しかし、既に電池交換プログラムは超満員という報道がされている通り、各Apple Storeや正規サービスプロバイダで全く予約が取れませんでした。(予約は全て埋まっている)

なので、予約無しでAppleの正規サービスプロバイダに行くことにしました。

バッテリー交換前に準備しておくと良いもの

iPhoneのバッテリー交換はあらかじめ色々と準備しておくと手続きがスムーズに進みます。事前に必要そうな準備をまとめました。

iPhoneのデータのバックアップ

iPhoneのデータのバックアップは必ずとっておきましょう。店頭でも必ずバックアップをしたか聞かれます。

iCloudでのバックアップ方法はこちらiTunesでのバックアップ・初期化・復元についてはこちらを参考にしてください。

「iPhoneを探す」機能をオフに

iPhoneの機能のうちの一つ「iPhoneを探す」機能をオフにしましょう。(オフにできない場合は修理を受け付けてもらえません)

iPhoneを探す機能は盗難防止用の機能でアクティベーションロックとも呼ばれています。「iPhoneを探す」機能をオフにする方法はこちらを参考にしてください。

ついでにSuicaもオフに

こちらは特に店の人にやっておくように言われませんでしたが、私は電池交換が失敗し本体が故障した場合に備えて、iPhoneのApple Payに設定しているSuicaをiCloud(Apple ID)に退避させておきました。

SuicaをiCloudに退避させる方法はこちらを参考にしてください。

時間が分かるものを持っておく

当然ながら、iPhoneをバッテリー交換してもらっている間は手元にiPhoneはありません、時間が分かるものがないと不便です。

なので腕時計や別のスマホなど、修理に出すiPhone以外の時間の分かるものを持っておきましょう。

実際のバッテリー交換レポート

私はちょうど池袋に用事があったので、Apple正規サービスプロバイダ「カメラのキタムラ 池袋マルイ」に行きました。マルイの建物の2階にあります。