PS Vita で画面の明るさを変更する方法

タグ: PS Vita, ゲーム, ノウハウ

あなたはPlayStation Vita(PS Vita)を持っていますか? PS Vitaは2019年に出荷が終了したソニーの携帯ゲーム機ですが、2022年の現在でもPSストアは利用できるので、今でも現役で使っている人はいると思います。

PS5が手に入らず、PS4を現役で使っている人の中にはリモートプレイをするためにPS Vitaを使用している人もいるでしょう。家の中でどこでもゲームできるのは便利ですが、暗い部屋で明るい画面を見てしまうと目が疲れます。

そんな時は周囲の環境に合わせ、PS Vitaの画面を適切な明度に調整しましょう。画面の明るさを抑えることでブルーライトの体への悪影響も減らせます。ということで、今回はPS Vita で画面の明るさを変更する方法を解説します。

PS Vita で画面の明るさを変更する方法

画面の明るさを変更する方法 その1

PS Vita で画面の明るさを変更するには、PS Vitaを起動した状態にしましょう。ゲームプレイ中でも明るさは変更可能です。

PS Vita 本体にあるPSボタンを長押しします。

各種メニューが出てくるので、明るさの部分にカーソルを合わせます。

スライダーを左右に動かして、画面の明るさを調整します。調整が終わったらPSボタンを押して元の画面に戻りましょう。設定した明るさがPS Vitaの画面に反映されます。

画面の明るさを変更する方法 その2

一応、PS Vitaの明るさの変更はPS Vitaホーム画面にある「設定」から、「設定」>「サウンド&ディスプレイ」>「明るさ」の順で進んでも設定可能です。

画面の明るさを変えてPS Vitaを楽しもう

以上が、PS Vita で画面の明るさを変更する方法です。PS Vita を遊んでいる際によく眼精疲労を起こしていたという人は早速画面の明るさを調整してみてください。画面の明るさ(輝度)を下げることでブルーライトを減らせます。

PS Vitaで発売されて他機種へと移植がされていないソフトは引き続きPS Vitaで遊ぶしかありません。携帯ゲーム機は画面が近いため目の負担が大きいです。画面の明るさを適切に調整することで眼精疲労を最小限に抑えましょう。

目の負担を抑えようとPS Vitaの明るさを常に最低にしてしまうのはよくありません。目が光を拾おうと瞳孔が開き自律神経が乱れてしまいます。周囲の明るさやゲームの配色に合わせて適切な明るさをPS Vitaで設定しましょう。

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

Posted by 今井 阿見