Twitterに投稿する写真や動画がセンシティブ扱いされるのを防ぐ方法

2022年8月27日TwitterSNS,ノウハウ,写真,動画,画像

著者: 今井 阿見

Twitterである日突然、自分の投稿した写真や動画がセンシティブ判定され警告文が出るようになったことはありませんか? 見に覚えがあるならまだしも全くセンシティブとは思えない投稿がセンシティブ扱いされることもあります。

かくいう私もTwitterに投稿した画像にセンシティブ警告が出るようになりました。どうしたものかと悩んでいるとTwitterの設定を変更することで投稿する写真や動画がセンシティブ扱いされるのを拒否できることを知りました。

センシティブ扱いで困った人向けに、今回はTwitterに投稿する写真や動画がセンシティブ扱いされるのを防ぐ方法を解説します。やり方はTwitterのスマホアプリから行う方法とブラウザから行う方法の両方を画像付きで解説します。

Twitterで投稿がセンシティブ扱いされるのを防ぐ方法

Twitterに投稿したメディア(写真や動画)がセンシティブ内容が含まれていると判定されるとこのように警告文が表示されます。

センシティブ警告されたメディアは他人にはこんな感じに見えます。

センシティブな内容でなく他人に見せるために投稿したのにセンシティブ扱いされてしまったという人はTwitterの設定を変更してしまいましょう。

アプリから投稿がセンシティブ警告されるのを止める

Twitterのスマホアプリから投稿がセンシティブ警告されるのを止めるには、まずTwitterのアプリで画面上に表示されている自分のアイコンを押します。

表示されたメニューの下の方にある「設定とプライバシー」を選択します。

「プライバシーと安全」を選択します。

「ツイート」を選択します。

「あなたがツイートする画像/動画はセンシティブな内容を含むものとして設定する」または「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」の横にあるスライダーをオフにします。

スライダーがオフの状態になったら、以後投稿するツイートは自動でセンシティブ警告がされないようになります。

ブラウザから投稿がセンシティブ警告されるのを止める

ブラウザから投稿がセンシティブ警告されるのを止めるには、まずTwitterにログインした状態でプライバシーと安全のページに移動します。

「ツイート」を選択します。

「ツイートするメディアをセンシティブな内容を含むものとして設定する」の項目のチェックを外します。以後投稿するツイートは自動でセンシティブ警告がされないようになります。

写真や動画がセンシティブ警告されるのを止めよう

以上が、Twitterに投稿する写真や動画がセンシティブ扱いされるのを防ぐ方法です。突然なんの前触れもなく投稿した画像にセンシティブ警告が出るようになって困っていた人は早速Twitterの設定を見直してみましょう。

Twitterに何の変哲もない猫の画像や食べ物の写真を投稿しているのにセンシティブ扱いを受けてしまえば警告文のせいでせっかく投稿した内容を見てもらえなくなる可能性が高くなります。投稿もバズりにくくなるでしょう。

ちなみにTwitterの設定を変更しても過去にセンシティブ扱いを受けたツイートは異議申し立てが通らないと警告は解除されません。投稿がバズることを狙っているなら警告解除を待つより同じ画像を投稿し直したほうが早いでしょう。

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

この記事を書いた人

著者(今井阿見)画像

今井阿見

当ブログ『PLUS1WORLD』の記事執筆、編集、校正、プログラミング(一部)、管理を行っているのは今井阿見(いまいあみ)という個人のブロガーです。ブログは趣味と実益を兼ねて運営しています。

今井阿見は30年近くゲームを遊んでいるベテランのゲーマー。学生時代にゲーム作りや映像制作を行っていたので、ゲームだけでなく、映画やアニメなどの映像作品、スマートフォンやパソコン、ガジェットなどの分野にも深く関心があります。

著者Twitterアカウント