PLUS1WORLD

TwitterでiPhoneアプリの年齢制限を回避する方法

先月末のアップデートの影響で、若い世代を中心に「17歳以下はTwitterが使えなくなる」という情報が広まりパニックが起こっていたようです。

「17歳以下はTwitterが使えなくなる」大騒動に見る危険性 – CNET Japan

私には影響はありませんでしたが、困っている中高生のTwitter利用者向けにiPhoneでのTwitterの17歳年齢制限を回避する方法を画像つきで簡単にまとめてみました。

広告

TwitterでiPhoneアプリの年齢制限を回避する方法

iPhoneで年齢制限を回避する方法は複数あります。とりあえず実行しやすい順に回避方法を紹介しています。

SafariブラウザからTwitterを使う(方法1)

iPhoneに最初から入っているWebブラウザアプリの「Safari」を使用する方法です。

iPhoneでSafariアプリを開き、Twitterのブラウザ版を開きます。

後は利用したいアカウントでTwitterにログインすれば、Twitterの年齢制限を回避してiPhoneから利用できます。

別のTwitterクライアントを使う(方法2)

iPhoneにアプリがインストール出来るのであれば、「Twitterクライアント」を使ってTwitterの年齢制限を回避することが出来ます。

App Storeで「Twitter クライアント」と検索すれば、Twitterクライアントアプリがたくさん出てきます。

ただし、17+レーティング(17歳の年齢制限)が付いていないTwitterクライアントしか使えません。

「17+」「17歳以上対象」のTwitterクライアントアプリは使えません。

「17+」と表示されているアプリは17歳以上しか利用できない。

『17歳以上の方が対象』と書かれているアプリも同じく年齢制限がかかっています。

このような表示がないアプリをインストールすれば年齢制限を回避してTwitterを利用できます。

機能制限を解除する(方法3)

そもそも、なぜiPhoneでTwitterの年齢制限がかかっているのかというと、iPhone購入時に親(保護者)などが未成年者向けのフィルタリング機能「ペアレンタルコントロール」を設定しているからです。

広告

[Twitter] iPhoneアプリ, セキュリティ, ノウハウ