PLUS1WORLD

Twitterでキーワードやハッシュタグを元にミュートを設定する方法

twitter-keyword-safety-mute-0001

Twitterのミュート機能が改善され、嫌がらせに対するミュート(非通知)機能が強化されました。

中でも注目なのが「ワードミュート機能」。目にしたくないキーワードやフレーズを設定しておけば、それらのツイートをまるごとをミュートできるようになります。

「死ね」「キモい」などの言葉やハッシュタグなどで嫌がらせを受けている人には嬉しい機能です。

今回はキーワードやハッシュタグを元にミュートする方法について解説します。

広告

Twitterでキーワードを元にミュートする方法

ワードミュート機能の概要

ワードミュート機能では、単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを元にミュート(非通知化)出来ます。

キーワードには大文字小文字の区別はなく、ミュートリストに「CATS」を追加すると、「cats」というキーワードを含む@ツイートも通知されなくなります。

キーワードをミュートすると、そのキーワード自体とそのキーワードのハッシュタグの両方がミュートされます。

キーワードやハッシュタグのミュートを設定する方法

Webからミュートする方法

Twitterにログインし通知の設定ページに移動。

twitter-keyword-safety-mute-0002

「特定のキーワードを含む通知をミュート」と書かれたページに移動します。

twitter-keyword-safety-mute-0003

ミュートするキーワードを入力し、「追加」ボタンを押します。

以上の手順で、キーワードを元にミュートを設定できます。

Twitter for iOSアプリでミュートする方法

まず、TwitterのiPhone・iPadアプリを最新版に更新しましょう。

twitter-keyword-safety-mute-0004

下メニューより「通知」を選択します。

twitter-keyword-safety-mute-0005

歯車マークの「設定」画面を開きます。

twitter-keyword-safety-mute-0006

「ミュートするキーワード」を選択します。

twitter-keyword-safety-mute-0009

「ミュートする単語またはフレーズを追加」を押しミュートするキーワードを追加します。

広告

[Twitter] Androidアプリ, iPadアプリ, iPhoneアプリ, Webサービス, ノウハウ, 便利