PLUS1WORLD

LINEスタンプを無料で自作できる「LINE Creators Studio」の使い方

先週、LINE株式会社は iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでLINEスタンプの制作・申請・販売ができる専用アプリ「LINE Creators Studio(ライン クリエイターズ スタジオ)」日本国内限定で先行公開しました。

スマホアプリ「LINE Creators Studio」はパソコンや専用ツールなしで、LINEのオリジナルなスタンプを自作できます。作ったスタンプはLINE内の「スタンプショップ」にて販売・購入することができます。

実際に私も「LINE Creators Studio」を使ってみましたが、撮影した写真から簡単にスタンプを作ることが出来ました。このアプリの登場でパソコンを持っていないユーザーも簡単にLINEスタンプを作れます。

今回はせっかくなので、「LINE Creators Studio」の使い方を簡単に解説します。

広告

「LINE Creators Studio」で自作スタンプ作成

まずは、お手持ちのスマートフォンに「LINE Creators Studio」の iPhoneアプリAndroidアプリ をインストールして下さい。

アプリの利用方法はiPhoneアプリ、Androidアプリともにほぼ同じなので、iPhoneアプリの画面で説明します。

「LINE Creators Studio」使い方

アプリを起動したらスタートを押します。

上のボタンを押してスタンプの作成を開始します。

作成するスタンプの名前(タイトル)を決めます。タイトルは最低でも2文字以上必要です。

タイトルの入力が終わったら画面下の「+」ボタンを押してスタンプの作成を開始しましょう。

何をスタンプの素材にするか選びます。自分でイラストを描くか、撮影済みの写真を利用するか、新たに写真を撮影するか選んで下さい。

新たに写真を撮影するを選んだとして話を進めます。

撮影時に「LINE Creators Studio」がカメラへのアクセス権を求めてきたら、確認して許可をして下さい。

撮影した写真は使いたい部分だけを切り取る(トリミングする)ことが出来ます。

使いたい部分をなぞることで、切り取る部分を選択できます。トリミングする範囲は後から調整できます。

広告

[LINE] Androidアプリ, iPhoneアプリ, コミュニケーション, スタンプ, 写真