PLUS1WORLD

iOS 11にアップデートすると動かなくなるアプリがあるか確認する方法

「iOS 11」は2017年9月20日に公開が予定されています。iOS 11 の登場によって、iPadがさらに機能的になるので、今から新しいiOSを心待ちにしている人も多いのではないかと思います。

しかし、iPhoneやiPadを「iOS 11」に更新すると、端末内の32ビットアプリが起動しなくなる事が分かっています。つまり、これまで使えていた「古いアプリ」が使えなくなります。

不安な人は、手持ちのiPhone, iPadを iOS 11 に更新する前に、自分が今使っているアプリが iOS 11 にアップデートした後でも使えるのか確認したほうが良いでしょう。

ということで、今回は iOS 11にアップデートすると動かなくなるアプリがあるか確認する方法を画像つきで解説します。

広告

iOS 11 更新後に動かないアプリの確認方法

iOS11 更新後に動かなくなるアプリの確認方法はiPhone, iPadともに同じです。iPhoneの画面で説明します。

まず「設定」を選択します。

「一般」を選択します。

「情報」を選択します。

「App」を選択します。

「App互換性」が表示されます。この画面に表示されているアプリは iOS 11 以降では動作しません。

動かなくなるアプリがたくさんある場合は、画面をスクロールすることで、全てのアプリを確認できます。

iOS 11 更新後に動かないアプリをどうするか

iOS 11 更新後に動かない32bitアプリは起動しないので端末から削除するしかありません。2017年9月20日以降も使い続けたいアプリがあるなら、iOS 11 にアップデートしないで32bitアプリを使い続けるという選択肢もあるでしょう。

しかし、iOS をアップデートしないのはセキュリティ上少し問題があります。古い iOS に重大な欠陥が見つかった場合、大きなリスクを背負うことになるからです。

現在、App Storeに32ビットアプリはありません。どれをインストールしても iOS 11で使用できます。

32bitアプリが使える内に、次の代わりとなるアプリをApp Storeで見つけてアプリを入れ替えて iOS の更新に備えましょう。

広告

[iOS] iOS11, iPadアプリ, iPhoneアプリ, 不具合