PLUS1WORLD

Amazonプライムビデオ

Google Play(Android系情報)

iPhoneの画面をすばやく暗くする方法【夜間利用におすすめ】

夜中や早朝にiPhoneの画面を見ると眩しくて、目が疲れてしまうことがありませんか? 特に寝る前など、目に光刺激を与えることは快適な睡眠の妨害に繋がり健康上良くありません。

iPhoneはコントロールセンターなどから、画面の明るさを調整できますが、もっと素早く画面の明るさを変更できると便利です。

今回はiOSのショートカット機能を使って、iPhoneの画面の明るさを素早く下げる方法を解説します。

iPhoneの画面をすばやく暗くする方法

ショートカットを設定する

iPhoneのショートカット機能を設定するには、まず「設定」を開きます。

設定の中から「一般」を選択します。

一般の中から「アクセシビリティ」を選択します。

アクセシビリティの中から「ショートカット」を選択します。

ショートカットの設定を「ホワイトポイントを下げる」に変更します。

以上でiPhoneの画面の明るさを素早く下げるためのショートカットの設定は完了です。

ショートカットで画面を暗くする

設定したショートカット機能を使うには、ホームボタンのあるiPhoneではホームボタンを素早く3回押します。ホームボタンのないiPhoneはサイドボタンを素早く3回押してください。

iPhoneの画面が暗くなった後、もう一度同じボタンを素早く3回押すと明るさが元に戻ります。

ショートカットでiPhoneをいつでも暗くする

以上が、iOSのショートカット機能を使って、iPhoneの画面の明るさを素早く下げる方法です。一度設定しておけば好きな時に画面を暗く出来ます。

iPhoneを使うと画面が光りますので、映画館や劇場などの暗い場所だとあなたがiPhoneを使っていることがすぐにバレます。

周囲にiPhoneを使っていることを気づかせたくない時は、iOSのショートカット機能を使ってiPhoneの画面を明るさを下げてみましょう。